World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 6mにおける初のClub Log Matching | トップページ | OC-144 YE4IJ Belitung Island on 6m 交信報告 »

2021年6月 5日 (土)

AS-006 VR2 for 6m, best stationは?

6月に入って6mのコンディションが少し変化しつつあるようです。VR2 Hong Kong局をコピーできなくなりました。毎日のように50.172前後でVR2BLEE局がCWにてサービスしていましたがブルース・リーのサービスも終わったようです。また、HFでのIOTAを20年以上やっていますと近場はすぐに終わってしまい、長い間関心をもちませんでした。10局ほどコピーしましたがすべてMainlandでした。

5月中に昔お世話になりましたVR2DS ChengさんへIOTA-VHFを開始した旨のメールを送りました。しかし、2週間ほど経過しても返信がありません。

IOTA-VHF100のためにリストからAS-006 VR2局を探してみました。

IOTAウエブの「IOTA情報」、「IOTAグループと島」の中からAS-006を選択して抽出し、ピックアップした局をQRZ.comへ放り込んでいきます。Verified activations of AS-006とCredited activations of AS-006で75コールサインでした。

これから6mでQSOをお願いするというポイントで確認しました。下記の3局に絞られました。

VR2CO Hong Kong メールアドレスあり 6m運用、しかも一昨日にも複数のJAと交信されていました。

As006-vr2co  

6月3日に6mCW/DATA(FT8)運用、しかもJAのコールまで上がっています。私も見張っていたのですが聞こえませんでした。75局のほぼ先頭にコールがでていましたので、「これで決まり」と叫んでしまいました。

VR2XAN Peng 

VR2UU Hong Kong

VR2COがもっとも可能性が高いと判断しました。さらにClub Log/LoTW QSO Matchingもばっちりです。万一、うまくいかない場合に②③へチャレンジの予定です。後日に成果を報告したいと思います。

その他

この記事を書いているときに50180にてAS-047 JS6TWWを見つけました。QRZ後にJA4、JA6大牟田、JA6指宿、JA4と交信され、急激にコンディションが下がった折にコールし拾っていただけました。500ワットに12mhの7エレ八木とのこと。59を送りましたら51をいただけました。コンディションの低下で早々にQRTされました。昨年にIOTA申請をしていただいたお礼や今後のIOTAチェイシングの楽しみ方などメールを送るとQSPしました。久しぶりに声が震えてしまいました。(笑い) Tnx JS6TWW

昼食前にベランダのアンテナを見るとなんとベランダの中に収納したままでした。AS-047 JS6TWW局とはこの状態で交信成立してしまいました。27年間の中でベランダ収納状態でHFをやったことはありますが、SWRが高くなり電波が飛びませんでした。しかし、たいせつなAS-047 JS6TWW局との交信にこのような状態でやってしまったことに驚きました。VHFの特性に私の失敗が救われました。

« 6mにおける初のClub Log Matching | トップページ | OC-144 YE4IJ Belitung Island on 6m 交信報告 »

コメント

山本さん、こんばんは。
VR2のAS-006とのQSOに苦労されているようですね。
参考までに(ご存じなのでしょうけど)VR2からは、50.075でVR2SIXのビーコンが常時出ていますので、VR2とのオープンの目安にされると良いと思います。
また、Skedを組まれた際には、相手局に50.017のJA6YBR(宮崎大学)のビーコンを聞いてもらい、お互いビーコンが良く聞こえていたら、連絡を取り合ってQSOに臨む方法が効率が良いと思います。
GL!

前田さん、おはようございます
素晴らしいアドバイスをありがとうございます。私の状況をご報告しますと、「そんなアンテナでやっているの」とびっくりされると思います。(笑い)
はい、VR6局自体は10数局、30行ほどSWLログに記入しました。VR2SIX/Bのコピーは8回/30回ほど聞いていました。何故だかコピーしたVR2がすべてMainlandでAS-006島からのコピーができていませんでした。一国二制度の変遷に影響を受けているのかもしれません。
VR2COへは昨晩にシンプルに気持ちが伝わるメールを送りました。過去にもIOTAコンテストを含めて14MHzCWで交信していることなどなどをお伝えし、毎日特定の周波数をワッチしているので時間があったらコールしてくださいとお願いしておきました。HW?
JA6YBR/BはSNSではレポートを拝見していますが、まだ一度も聞けていません。良いヒントをありがとうございます。わかっていましたが近場のJA6-IOTAが6mでは大苦戦しています。AS-012だけはどなたかに能古島からサービスしていただくようお願いするつもりです。
今後とも6mのアドバイスをよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6mにおける初のClub Log Matching | トップページ | OC-144 YE4IJ Belitung Island on 6m 交信報告 »