World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF 20に到達 | トップページ | OC-227 VK4EI Sweers Island Lynさんとの交流復活 »

2021年6月28日 (月)

JARL主催 6m & down contestにてAS-076 JA5を探す

長年名前は知っていたのですが、まさか私自身が「6m & down コンテスト」に出ることになるとは。IOTAとは全く関係ないと思っていましたこのコンテストを6m先輩のOMさん方から教えていただきました。

福岡の近場である関係で4月からワッチしていますが、AS-076 JA5エリアはまだ全く聞いていません。このコンテストにはJA5からも6m強豪のOMさんやクラブ局が参加するようです。よく考えれば当たり前のことです。まったく気づかずでいました。しかもタイミングよく今週末の7月3日~4日に開催されるのでなんとかJA5エリア1局交信を目指してワッチしてみたいと思います。

さらにAS-200 Shikoku's coastal Islands誕生時にお世話になりましたresident2局も過去のコンテストに参加された経験があるとのことで、ご挨拶を兼ねてメールを送らせていただきました。目的は「福岡にアンテナを向けてください」と伝えることです。

このOMさん方がAS-200を運用サービスされ、合計で5大陸1000QSOsオーバーを達成されました。私は集計係をして、CP JAのJA9IFF中嶋さんへ報告し、中嶋さんからIOTA本部へ報告され、見事にAS-200PからAS-200になりました。2014年7月のことです。

HFのIOTA申請者世界一位に続き、U/VHFのIOTA申請者も世界一位になると2023年8月にNew IOTA誕生のリクエストを行い、2024年6月に3基連続のNewを歎じようさせることができるか。皆様もぜひご一考ください。

この朝にAS-043 八丈島のresident局と交信に成功しました。Club Log Matchingを登録されていますが、SASEで請求することにしました。

 

 

« IOTA-VHF 20に到達 | トップページ | OC-227 VK4EI Sweers Island Lynさんとの交流復活 »

コメント

おはようございます。
このコンテスト、近年20年連続参加していますので、データを追ってみました。
2011-2020年 10年間
50MHzでの総QSO数:5649のうち、5エリアはわずか・・・18QSOでした。
苦手なエリアなのですが、その少なさを痛感しております。(涙)

CALL YYYY 県
JA5CBU 2012 香 川
JA5EXN/5 2019 香 川
JA5FDJ 2015 高 知 
JA5RCT/5 2011 愛 媛
JA5SQH/5 2012 徳 島
JA5SQH/5 2013 徳 島
JA5SQH/5 2014 徳 島
JA5SQH/5 2016 徳 島
JA5YAP 2012 香 川
JE5EVQ/5 2012 高 知 
JG5DHX/5 2015 愛 媛
JG5UWK 2012 高 知 
JH5EKP 2012 愛 媛
JH5FIS 2011 高 知 
JH5HDA 2012 愛 媛
JH5YCW/5 2012 徳 島
JL3RNZ/5 2017 香 川
JR5DPV 2012 香 川

GL!


ありがとうございます。感謝します。
しかし、しかし、.....。(絶句)
JA5QYR佐々木さんから返事をいただきました。2014年のAS-200誕生時の支援にとても感謝されていました。しかし、6エリアは滅多に聞こえないとの回答でした。JA4のコールで/5で出るだろうとおっしゃっていました。
こちらの装備もしょぼいので特定局にSkedをお願いするのは相当無理と判断します。しかしコンテストはやはりビッグチャンスです。並びに日々のワッチに集中するしかチャンスはなさそうです。長生きできますので必ず出会いを見つけたいと思います。嫁さんを探すより難しいかもしれませんね。(笑い) 
貴重なデータ提供に大感謝です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF 20に到達 | トップページ | OC-227 VK4EI Sweers Island Lynさんとの交流復活 »