World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF100達成局 JA1SKE片柳OM | トップページ | BY-IOTAを調べてみました »

2021年6月14日 (月)

AS-136 Chongming Islandにおける6m運用の提案 → AS-135/AS-150実行へ

6月10日朝にAS-136 Chongming Islandにリグアンテナを持つBH4BKFへ6m運用の依頼をお願いしましたが動きがありません。QRZ.comのBiographyを拝見し提案しましたが、①5年前の情報、②実家に装置があり、本人は上海市内に住んでいる。③6mのアンテナを持たないなどのマイナス要因があるためにJAからの初めての局のメールを受け入れられないケースも考えられました。

AS-136 Chongming Islandは2400万人を抱える上海市の長江を跨いだ北部に位置する大きな島です。20kmX80kmの長方形です。上海市内からも橋が架かっています。GoogleMapのStreet Viewが登録されていませんが片道3車線の有料道路の橋です。上海市内からの移動は1時間もかからないと思われますので、朝に思い立って昼前には運用開始、夕方にはさっと引き上げて晩御飯に間に合うような距離感覚です。島はまだ農地がたくさんあるようです。

この朝にBA4TB Daleさんへメッセージを送りました。今では中国のトップDXerですが、1990年代後半から実施されました多くの中国国内IOTA DXpeditionのQSLカードにコールサインが掲載しています。2000年代中ごろはIOTA Contestに毎年参加されていました。そのころからSkypeを通して現地から「ShuさんいまAS-***から、14260に出ています。コールください」と接近し接触されるようになりました。

彼は電気技師と言っていました。ハンガリーのHA1AG Zoliさんも仕事で上海訪問時に一緒に行動していました。2010年代にはDXCCのほうが忙しくなられたようで現在ではFacebookの投稿にいいねボタンを押す程度になってしまいました。とてつもなく大きなアンテナを建てたり、すでに雲の上の人の感じになってしまいました。上海を中心に多くの中国ハムの指導者としても活躍中です。

Daleさんがオペレートされて交信できたQSLカードはほとんどダイレクトで送ってもらいました。ありがたいことです。その1枚に50MHzのAS-137 BA4TB/5がありました。2009年5月24日交信です。

ここ数年の私の行動やJA-IOTAがUSAを抜き、世界一位になったこと。IOTA-VHFでも世界一位になれるよう6mIOTAに力を入れていること。上海市内のAS-136 Chongming Island在住局に6m運用を提案したが返事がないこと。上海市内在住局でAS-136からの6m運用ができないものか。たくさん(?)のJAの6mIOTAファンがいることを伝えて、Daleさんもしくは知り合いのハムに運用していただきたいことをFacebookのメッセンジャーにて発信しました。

何だかのご返事はいただけると思います。「ではいまから」という可能性も少し期待しています。

15分後ほどの8時30分ころにDaleさんからのメッセージが届きました。「島では6m運用者はいないと思います」との回答。続いて、「可能性のある局のリストを作って送ります」との回答をいただきました。リストが作れるくらい6m運用局がいるということですね。期待してしまいます。仕事が早い人ですのですぐに回答があるでしょう。

【追記1】

ADXOのIOTA ContestにはBY-IOTAプランは本日現在未掲載ですが、BA4TB DaleさんのグループはAS-135から、他のグループはAS-150から参加する計画とのこと。もちろん6mオペレーションもコンテスト外の時間に運用してくださるようすぐに返信しお願いしました。7月24-25日ですが遅いかな。

【追記2】

10時過ぎに「了承の返事」をいただきました。Daleさん自身は最近の6mをあまり好まないそうです。ほとんどがFT8運用だからとのこと。おそらくパイルの中に飛び込んでしまい、1件当たりの時間のかかるオペレーションだからと思います。私もFT8はやっていないこと、CW/SSBでも十分にたくさんの局と交信していることを伝えました。IOTA Contestの案内に「+6mCW/SSB only」といれるなどを提案しました。

おかげさまでBA4TB Daleさんとの付き合いが再開したような感じになってきました。

As135 As150

AS-135とAS-150のマップです。いずれも福岡からは楽勝(?)と思える距離です。山東半島の南部と南側です。議題のAS-136は一時保留して、毎年のIOTA ContestにおいてBY-IOTAからの運用を支援しましょう。数年ですべて実行されるでしょう。

何度も申し上げますが、私は6mに関してはほとんど知識がありません。細かい部分などでも結構ですのでBA4TB Daleさんへ伝えたいこと、アドバイスしたいことなどがあればメールにてアドバイスいただければありがたいです。可能ならば、6mIOTAグループのリストを作成して相手に提供したいですね。来年以降もIOTA Contest時には6mによるサービスを定着させたいです。20局以上あればきっと続けてくれると思います。ドネーションは不要です。

« IOTA-VHF100達成局 JA1SKE片柳OM | トップページ | BY-IOTAを調べてみました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF100達成局 JA1SKE片柳OM | トップページ | BY-IOTAを調べてみました »