World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ロシアの6m事情 | トップページ | 全都道府県からのIOTA申請、AS-206の誕生、IOTA申請者世界一位、HF/VHF同時申請、AS-2** 誕生へ »

2021年6月24日 (木)

AS-136 Shanghai province group 運用提案の状況報告 on 6mIOTA

IOTA-VHFに取り掛かりまして丁度2か月になりました。6mの先輩方のほとんどのからFT8採用のアドバイスをいただきました。その中でお一人だけアンテナのアドバイスをいただいていました。私個人もHF IOTAのリグ、アンテナで6mIOTAにチャレンジする前から5大陸100IOTAはとてつもなく厳しいと思って開始しました。ようするに50MHzの知識がまったくなく、経験も数局と交信したに過ぎなかったためです。初年度は6mを知る年度と考えています。

5大陸に関しましてはASアジアは楽勝、OCはすでにKH2グアムのQSLカードを保有していました。同じ設備でOCはどのくらい伸ばせるか未知の状況でした。DU/YB/VKそしてオセアニアのみで6m運用があれば100は軽く超えられると強い気持ちを持ちました。偶然にもAF-017 3B8CのClub Log Matchingがヒットしてしまいました。ペディション時にHFバンドから6mへ逸脱(?)して交信したようです。

DU-IOTAは2件交信できました。YBまでもう一息の距離です。YBが聞こえたらYBの友人たちへお願いしようとスタンバイしワッチを続けましたがYBは聞こえません。しかし、実際にはXVやXUとも交信できましたので距離的には聞こえるはずと思っていました。そこで気づいたことは現実には6mCWにはYB局はほぼ運用をしていないということと判断しました。それで吹っ切れましたのでYBの友人たちへ先週からメールによる依頼作戦を始ています。

一方、表題のBY-IOTAはJAからもっとも直線で距離の近いAS-136がほぼ6mの運用がされていないことがわかりました。さらにAS-136は上海市内にある島です。過去の運用者から最も適した個人コール局へメールにてお願いしてみました。まったく返事がきません。しかし、まだあきらめていません。

当初は私の大きな勘違いで進めたことに気づきました。それは上海市内の北側に流れる長江という川を挟んで位置している島であり片道3車線のハイウエイの橋が架かっています。メールで依頼すれば「片道20kmの橋を渡って今から車にリグとアンテナを積んで運用へ行ってきます」くらいの返事がくるのではないかと思ったりしていました。現実は大きく異なるようでした。

日本ならば移動運用が毎日のように車載Whipアンテナや、見晴らしの良い高台から車から6m用ビームアンテナをあげて運用されています。この2か月でもたくさんの6m移動運用をワッチしました。BYにはこのような景色がないことに気づきました。モービル運用はほぼないと思われます。

そのような中で、上海市郊外に住むBA4TB DaleさんへAS-136への移動運用をお願いした次第です。AS-136運用には関心がなく、彼がサポートしているグループがAS-150とAS-135へ7月末のIOTA Contestに参加するので6m運用を考えるという返事でした。

すでにOC-150 BG4OP Daguan IslandのクラブコールにてDX-World.netにてIOTAコンテスト参加を発表されましたが、本日現在まだ日程や6mの運用に関して詳細情報はありません。さらにAS-135はまだ発表がありません。おそらく、AS-135にDaleさんは参加するのではないかと予測しています。もちろん+6m運用です。

8月以降もJAと上海の間に6mにおいてパスが出現するかが現在の知りたいポイントです。可能性があるならば提案方法を再考して続けたいと考えております。HFを併せるなど方法はたくさんあると思います。AS-150/AS-135運用の状況も確認していきたいと思います。

 

« ロシアの6m事情 | トップページ | 全都道府県からのIOTA申請、AS-206の誕生、IOTA申請者世界一位、HF/VHF同時申請、AS-2** 誕生へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアの6m事情 | トップページ | 全都道府県からのIOTA申請、AS-206の誕生、IOTA申請者世界一位、HF/VHF同時申請、AS-2** 誕生へ »