World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« AS-136 Chongming Islandにおける6m運用の提案 → AS-135/AS-150実行へ | トップページ | YB-IOTA on 6m、いまだ聞こえず »

2021年6月15日 (火)

BY-IOTAを調べてみました

1997年から2000年代初めに19件のBY-IOTAとWorked/Confirmedを完了したために管理リスト上において消込を終わっただけでありました。中国のIOTA番号もおぼろげな状態でBY-IOTAと分かるとすぐに手を離れるという感覚で20年くらいを過ごしてしまいました。IOTA-VHFにおいては未開の状態ではないかと調べることにしました。

北朝鮮と国境を接する遼東半島から黄海、東シナ海、南シナ海+その他(BS7/VR2/XX9)という並びです。VHF運用に関して調べてみました。

①AS-158 BY2 -         電子照合可 3
②AS-151 BY2 -   電子照合可 1
③AS-134 BY3 あり 電子照合可 3
④AS-160 BY4 あり 電子照合  1
⑤AS-146 BY4 あり 電子照合  3
⑥AS-150 BY4 -   電子照合  8
⑦AS-135 BY4 あり 電子照合  4
⑧AS-136 BY4    電子照合  10
⑨AS-137 BY5 あり 電子照合  8
⑩AS-141 BY5 あり 電子照合  4
⑪AS-138 BY5 -   電子照合  7
⑫AS-129 BY7 -   電子照合  6
⑬AS-131 BY7 あり 電子照合  3
⑭AS-139 BY7    電子照合  2
⑮AS-094 BY7    電子照合  2
⑯AS-143 BY7    電子照合  4
⑰AS-116 BS7 6m 4eleHB9CV 電子照合 0 
⑱AS-006 VR2 多数あり    電子照合  7
⑲AS-075 XX9 多数 電子照合  19

19件中、10件が運用済みでした。保有QSLカードなどもチェックしましたが、6m/2mの運用は好みのような感じでした。6m愛好家が加われば運用されるがいなければ運用しないようでした。クラブ局から6mアンテナを借りてきたと記載したものも数件ありました。⑰~⑲を除けばほとんど運用されていないに等しいようです。

上海在住のハムへお願いして「よし、ではすぐに車載で移動してサービスします」という感覚は日本だけのようです。6mの普及、移動運用の普及が大きく異なるように感じます。6mのオープン時期や時間が短いために普及しづらいのかもしれません。

BA4TB Daleさんにお願いして7月のIOTA Contest時にはその前後に6m運用を積極的にしていただくようお願いすること。お互いの負担を減らす目的でMatchingシステムを登録していただくことを追加する予定です。

リスト上では2016年6月に定期妖怪視されたClub Log Matchingや2020年5月のLoTW QSO Matchingは比較的高い割合で登録されているようです。6mのJAからのニーズを伝え続けることが大切と思われます。

« AS-136 Chongming Islandにおける6m運用の提案 → AS-135/AS-150実行へ | トップページ | YB-IOTA on 6m、いまだ聞こえず »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-136 Chongming Islandにおける6m運用の提案 → AS-135/AS-150実行へ | トップページ | YB-IOTA on 6m、いまだ聞こえず »