World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-227 VK4EI Sweers Island Lynさんとの交流復活 | トップページ | KL7RRCの思い出と危機 »

2021年6月30日 (水)

P29-IOTAペディショナーの50MHzレポート

2000年代のG3KHZ DerekさんとSM6CVX HansさんのペアによるP29-IOTA DXpeditionは毎年1回確実に実施されP29-IOTAを完了された局も多いと思います。私はDerekさんを窓口とし、JA有志の資金的ご協力を得て彼らのすべてのP29-IOTA運用にかかわることができました。

Derekさんはもちろんのこと、Hansさんともメール交換を定期的に行っていました。2017年10月に実施されたS21-IOTAペディションが最後になっています。ただし、S21はHansさんは入院され欠席でした。

そのSM6CVX Hansさんが最近、東アジア向けに50.098にてセルフレポートをされていることに気づき、ご挨拶を兼ねてメールを送ってみました。

50MHzのクラスターレポートは4月くらいは8割感覚でしたが、最近は98%感覚と急増です。その中のレポートですからしっかり確認すればすぐ分かるのですが、FT8のレポートが過剰すぎて見逃すことが多い傾向です。それは日に日に激しくなっている感じです。クラスターレポートが「破壊」されるような雰囲気も感じます。SM6CVXのレポートは次の通りです。50MHzの6月のCQ JA関係分のみに絞りました。

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
===========================================================================
SM6CVX 21/06/29 0840Z 50098.0 CQ JA/BY/HL CW CW SM6CVX
SM6CVX 21/06/29 0749Z 50098.0 CQ JA / BY CW CW SK6WW
SM6CVX 21/06/29 0722Z 50098.0 CQ JA / BY SM6CVX
SM6CVX 21/06/24 0817Z 50098.0 CQ CW JA SM6CVX
SM6CVX 21/06/24 0725Z 50098.0 CQ CW JA SM6CVX
SM6CVX 21/06/19 0724Z 50098.0 CQ CW JA/BY SM6CVX
SM6CVX 21/06/06 0718Z 50097.0 CQ JAPAN CW SM6CVX
SM6CVX 21/06/06 0708Z 50097.0 CQ JAPAN SM6CVX
SM6CVX 21/06/03 0632Z 50098.0 CQ CW CW to VR/BY SM6CVX
SM6CVX 21/06/03 0618Z 50098.0 CQ CW to JA and BY SM6CVX
SM6CVX 21/06/01 0515Z 50098.0 CW CQ to BY SM6CVX

私も50MHzのヨーロッパをまだ聞いていませんのでEUとのパスに強い関心を持っています。東アジアへの時間帯は0515~0840UTCです。周波数は50098とほぼ固定です。パスがあれば100%交信可能というところでしょう。

Hansさんのメールの返事は「FT8が嫌いです」でした。個人的な意見は書けませんが将来のアマチュア無線のスキルや存在などを危惧されていました。私の意見と合致する部分もありました。FT8の爆発的普及に昔のやり方が失われる脅威を感じてありました。そのために50098にてNA方面や東アジア向けにセルフレポートをあげられている感覚もあるようです。

Hansさんは2000年代のP29-IOTAにおいてペディション終了後に一人残られ1か月ほどOC-153 Dale Islandに滞在されていたことが数回ありました。Daru Islandは小さな島ですが、EU方面からの航空路があり生き返りに便利だったようです。P29VCXのコールにより、サービスを続けられたためかクレジット率17.7%と比較的高い率になっています。

このころから6mもお願いしておけばよかったなと思ったりします。1997年に日本語版IOTA Directoryを購入してリストを拝見した時はP29-IOTAをすべて交信するのは無理と直感しました。このお二人のお陰でHFでは完了できました。今さらながらIOTA-VHFに目覚めていなかったことが悔やまれます。(笑い)

IOTA-VHFの先輩方の申請リストを確認しますとOC-101 P29VCX St. John's Islandのみ50MHz運用の確認ができました。いまからのすべてのリピートはたいへんと思います。HansさんへOC-153 Daru Islandへもう一度行かれませんかとお話ししてみることにします。Daru Islandにはかなり愛着を持っておられました。通常の50098でのSM6CVXとの交信をしていただけると援護になります。よろしくお願いします。

« OC-227 VK4EI Sweers Island Lynさんとの交流復活 | トップページ | KL7RRCの思い出と危機 »

コメント

了解です。6/30昨日はEUーJA 今年初めてのビッグオープンでした。SMもFT8で見えていました。
今後から98のCWも気をつける様にします

高田さん、ぜひお声がけしてあげてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-227 VK4EI Sweers Island Lynさんとの交流復活 | トップページ | KL7RRCの思い出と危機 »