World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 前週末の6mコンテスト参加状況報告 | トップページ | AS-150 BG4OP Lingshan Island 6m info »

2021年7月20日 (火)

気になる台風6号、AS-135/AS-150の6mオペレーション

およそ7月24日(土)の運用が期待し予想されるAS-135とAS-150のIOTA Contest参加前の6m運用ですが、台風6号の影響が気になるところです。

7月20日(火)現在の台風6号の位置と今後の予測です。
6

予測では23日(金)に中国本土に上陸としていますが、その範囲の広いこと。北は上海の少し南側までです。テレビの気象予報では台湾海峡あたりで大きく進路が変わる可能性があると発表していました。

As135-map

予測の中心線を書き込むと赤色線になります。AS-135とは900kmくらい離れていますので中心ルートならばほとんど影響はないと言えるでしょう。進路予測の一番北側を通過するとAS-135との距離は400kmくらいになります。この場合チームの上海からの陸路移動と海路の船に関して少し影響があると思われます。

Ba4tb-says

3日前にFacebookのIOTA DX peditionに書き込まれたBA4TB Daleさんの書き込みがありました。 Kaishan island or Qinshan islandの二つ候補をフェリーの利用しやすいほうに決めるとあります。DX-World.netに追記されていた内容どおりです。おそらく移動しながらFacebookに随時投稿されるのではないでしょうか。事故や予定外のことが起きれば6mの運用時間が短くなります。

今日も夕方に50093でBG3の局がCWでサービスしていました。このままコンディションも良い状態であることを祈ります。NA-039 KL7RRCのようにJA QSOが468件も呼ばれるほどたくさん出てくるでしょうか。

« 前週末の6mコンテスト参加状況報告 | トップページ | AS-150 BG4OP Lingshan Island 6m info »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前週末の6mコンテスト参加状況報告 | トップページ | AS-150 BG4OP Lingshan Island 6m info »