World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-143 YB5QZ Sumatra Islandから6m Skedに関する返事 | トップページ | Resident局のClub Log Matchingのノークレジットと新規IOTA申請局の立ち位置について »

2021年7月13日 (火)

AS-207 R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island QSL card & Magnet received

2020年4月に実施されました表題のAS-207 R207RRCのQSLカード(2nd)とマグネットが本日到着しました。1年3か月ぶりです。

コロナの影響を受け国際郵便が止まってしまったようです。さらに二つ折りのQSLカードには「2nd QSL」と書いたメモが貼ってありました。おそらく第一号便で送付して戻ってきたのではないかと考えました。

クレジットの方は昨年11月頃に一瞬Club Log Matchingにてデータを取れましたがあっと言う間に消されてしまいました。現在はLoTW QSO Matchingのみマッチング可能です。

私はドネーションとともにマグネットも申し込み3USDを追加して送りました。メモにはQSLカードは不要です。Club Log Matchingでクレジットしますと伝えていました。

Dsc00627 Dsc00628

QSO dataは40mCW、30mCW、20mCWの3QSOに収めました。これ以上、交信すると嫌われます。QSLカードの中央に「2nd QSL」とメモが貼ってあります。マグネットは少し重いのでセロテープでカードの内側に貼りつけてありました。

いただいたマグネットは2018年に実施されたRT65KIのマグネットの横に並べました。小さくで場所をとらないのでなかなかいいですね。

6mは北極海の島々も許可にならないか否か確認しておきます。いまからVictorさんへ御礼のメールを送ります。

« OC-143 YB5QZ Sumatra Islandから6m Skedに関する返事 | トップページ | Resident局のClub Log Matchingのノークレジットと新規IOTA申請局の立ち位置について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-143 YB5QZ Sumatra Islandから6m Skedに関する返事 | トップページ | Resident局のClub Log Matchingのノークレジットと新規IOTA申請局の立ち位置について »