World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« BA4TB Dale-sanはIOTAサービスも得意ですが、なんと6mマンでした | トップページ | NA-070 KL7RRC中止は痛手 »

2021年7月 6日 (火)

6mIOTA Club Log Matchingに続々とヒット

この朝にClub Log Matchingの確認をしましたところ、6月3日に交信しましたAS-078 JA8COE Hokkaido、並びに6月5日に交信のAS-047 JS6TWW Minami Daito Islandが見事にヒットしました。明日はAS-007 JA9IFF/1 Honshuをチェックする予定です。

Iota-clm-210706

やはり、Club Log MatchingやLoTW QSO Matchingにて次々とヒットすると気持ち良いですね。楽しくなりますね。ところでJA8COE高橋さんはIOTAウエブの電子照合可能な運用のAS-078の39局から選択しました。6mのワッチで数十局のJA8局のコールを確認しましたが、IOTAのClub Log Matching登録にご協力いただけそうな局を見出せませんでした。さらに6m運用局であることでJA8COE高橋さんへメールでSkedをお願いしました。

1か月後の30日経過の7月3日にマッチングをかけましたところヒットせず。翌日もチェックしましたがヒットせず。すぐにClub Logを確認しましたところ3月までの登録でしたので再度メールをお送りし、本日無事にMatching完了できました。よくあることだと思いますので事前にClub Logにおいてログヒットするか否かを確認されたほうがよいと思いました。

QRZ.comのJN6RZM Biographyにmy IOTA-VHFリストを掲載しています。

Iota-vhf

AS-031 JD1BHA Hahaは5月からIOTA-VHFを始められましたJA9IFF中嶋さんが交信され、VE3LYCへ確認されたところ、当初の運用から今回の運用まで間が空き、Hahaからの運用確認ができていなかったためにヒットしなかったそうです。確認され対応済みです。

AS-020 BX4ALとOC-042 4F2KWTは8月にまとめてVE3LYCへ問い合わせる予定です。

AS-206 JO1CRA/7も2年前と今回と間があいたために今回分の運用証明を送ればClub Log Matchingを解決するかもしれませんね。

7月末Wkd目標25件です。CFMは8月にはいってからと考えています。AS-077 Kyushu、AS-012 Kyushu's coastal、AS-135、AS-150ともう一つと行きたいところです。

AS-017 OkinawaのClub Log Matchingによる対応は難しいかもしれません。それは6mの運用全般で感じることですが、忍者が手裏剣を投げてくるようにQSLカード交換がピュンピュンきますのでClub Log登録やMatchingの説明までたどり着けそうにないからです。No QSLと返事しますと相手がしゅんとなられるのが分かるからです。

昨日のNA-070 KL7RRC中止のメッセージを読みました。そして、6mによる爆発的な交信とのこと。ほぼFT8の運用のようです。Adak Islandは昔は米軍の太平洋2番目の基地があった場所です。ネットもつながりますのでYuriさんへFacebookにて50329 CWでのサービスを待っていますと伝えておきました。金曜日まではここで待機です。このままだとIOTAのペディションも主体がFT8になりそうですね。CWが消えそうです。

 

« BA4TB Dale-sanはIOTAサービスも得意ですが、なんと6mマンでした | トップページ | NA-070 KL7RRC中止は痛手 »

コメント

おはようございます。

今回のAS-206の運用証明提出は直後に完了しています。
今のところ、CulbLog、LoTW ともにマッチできないとの申し入れは、内外ともに他にありません。
やはり、HF部門とVHF部門の混在判断のバグではないでしょうか?

皆さんのマッチング、可/不可 情報を求めます。
何とか早々に解決したいです。 <(_ _)>

四十物さん、おはようございます
お手数をおかけして申し訳ありません。8月に入りましたらいの一番でVE3LYCへ確認しますのでご猶予ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BA4TB Dale-sanはIOTAサービスも得意ですが、なんと6mマンでした | トップページ | NA-070 KL7RRC中止は痛手 »