World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« AS-135 BI4SSB について | トップページ | IOTA resident局のClub Log Matching対応がたいへんです »

2021年7月26日 (月)

AS-135 BI4SSB & AS-150 BG4OP IOTAコンテスト前の結果

IOTAコンテストも日本時間7月25日午後7時に無事に終了したようです。台風6号の影響が心配されました。
JAの近場のIOTAで6m未運用をお願いする作戦で進めましたが、JA-BY間のコンディションは芳しくなかったようです。私のアンテナでは残念ながら信号をとらえることは全くありませんでした。6m運用の厳しさを体感する結果となりました。交信できたとの情報はありますか?

クラスターレポートを確認します。まず、AS-135 BI4SSBから。

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
======================================================================
BI4SSB 21/07/24 0636Z 50110.0 SSB JA1KOY-9
BI4SSB 21/07/24 0029Z 50090.0 AS-135,CW K6RO
BI4SSB 21/07/23 1105Z 50090.0 CW JG1LEB-9
BI4SSB 21/07/23 0933Z 50313.0 AS-135 JG1LEB-9
BI4SSB 21/07/23 0348Z 50313.0 THX Braemar hill FD GL VR2UNG
BI4SSB 21/07/23 0140Z 50313.0 AS-135 BA4TB
BI4SSB 21/07/22 1308Z 14038.0 AS-135 BA4TB

14MHzの初回レポートと50MHzのみに絞りました。7月23日(金)の朝10時40分にBA4TBがFT8にてセルフスポットをあげました。前日の22日にも14MHzCWレポートがあります。23-24日にJA1エリアの2局がレポートされました。どんなアンテナを使用されているか興味がありましたので確認しました。QRZ.com、JARL会員検索、法務省無線局検索では無登録、無免許のコールサインで情報は得られず。なんなのでしょう。

さらにk6ROはQRZ.comのBiographyのClub Logリストには未交信のようで、Heardレポートと見受けられました。(?)
そして、14MHzのラストレポートです。

BI4SSB 21/07/25 0950Z 21021.6 OM3KFO

終了日時の7月25日1000Z直前まで運用していました。夕方には14008にてIOTAコンテストに参加しているBI4SSBを見つけましたので、JN6RZMにてレポート交換をしました。聞いているよと言う存在感を与えました。1900JSTの終了後も1時間ほど居残りを期待して50MHzのワッチを続けましたが見つけることはできませんでした。


続いて、AS-150 BG4OPです。 

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
===================================================================
BG4OP 21/07/24 2355Z 14009.0 CW RA0LQ
BG4OP 21/07/24 1939Z 14009.3 IOTA AS150 UT5URW
BG4OP 21/07/24 1915Z 14009.2 CW 9A2EU
(中略)
BG4OP 21/07/23 0805Z 14180.0 IOTA AS-150 JP1EWY-#
BG4OP 21/07/23 0748Z 50120.0 As-150 cqing BI4MPY
BG4OP 21/07/23 0733Z 14180.0 as-150 JA7BZU-9
BG4OP 21/07/23 0729Z 14180.0 AS-150 BI4MPY
BG4OP 21/07/23 0723Z 7050.0 CQ on AS150 BI4MPY  

前日の23日(金)夕方から50MHzから運用を開始していました。BI4MPYはBG4OPの中国本土側のサポーターのようです。
しかし、50MHzはこれのみ。すべては日本時間7月24日午前9時に終了していました。IOTAコンテストは12時間と24時間がありますが、中途半端に終了していました。おそらく、50MHzのパスは感じられず初回のみのチェックで終わった感じでした。

JAの近場のIOTAに対する50MHzの運用提案はとても厳しい結果となりました。

« AS-135 BI4SSB について | トップページ | IOTA resident局のClub Log Matching対応がたいへんです »

コメント

山本さん、こんにちはAS-135 BI4SSBは50FT8で23日09:56UTCに交信できました。
この日は数時間前から関東を中心に、沢山交信していました。こちらでは10UTC前から急に強く入りだしました。AS-150の方は6Mに出てたかどうかは、確認出来ていません。

澤山さん、こんばんは
ありがとうございました。まったく把握できていませんでした。NA-039 KL7RRCについで2連敗になりました。これではコーディネータの役割を果たしていませんね。(笑い)

山本んのおかげで、QRVがあったようなもので、感謝しています。ところがClub Logがアップされましたが
私も含めてヒットしない局が沢山いるようです。

こんばんは。

IOTA コンテストは、NEW になりそうな? QSO があるので、何年ぶりかでログデータの提出をしました。
(IOTA Contest マッチ対応)

50MHzですが、FT8等デジモードを運用するか、受信だけしてみるか・・・は別として、以前にも紹介した Pskreporter のサイトの活用をご提案します。6m に絞っておけば、世界中のアクティビティとパスを把握できます。

https://pskreporter.info/pskmap.html

澤山さん、おはようございます。
金曜日に送りましたBA4TBのメッセージにまだ既読マークが入っていません。とりあえず、My friend Yuu JF4VZT says "BI4SSB's Club log has not 6m data". Please check it. と書き込んでおきました。しばらく様子見してください。(7月27日午前11時現在Club Log未ヒット)

New one おめでとうございます。
JT65のときですから4年前からマップは存じ上げていました。アドバイスありがとうございます。AS-150 BG4OPは14MHzでまだサービスしているみたいですね。BI4MPYへ連絡すればBG4OPチームへ6mに出てくれるようQSPしてくれるかもしれませんが、ここまでにしておきますね。少し休養を取ります。

山本さん、中嶋です。

BI4SSBはコンテスト前の23日10:43UTCに6m FT8で交信出来ました。
澤山さん同様、Club Logではデータ一致しませんでした。

中嶋さん、コメントをありがとうございました。
New おめでとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-135 BI4SSB について | トップページ | IOTA resident局のClub Log Matching対応がたいへんです »