World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA-VHFへ、なぜ進んだか | トップページ | AS-135 BI4SSB & AS-150 BG4OP IOTAコンテスト前の結果 »

2021年7月24日 (土)

AS-135 BI4SSB について

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
=================================================================================
BI4SSB 21/07/24 0029Z 50090.0 AS-135,CW K6RO
BI4SSB 21/07/23 1105Z 50090.0 CW JG1LEB-9
BI4SSB 21/07/23 0933Z 50313.0 AS-135 JG1LEB-9
BI4SSB 21/07/23 0348Z 50313.0 THX Braemar hill FD GL VR2UNG
BI4SSB 21/07/23 0140Z 50313.0 AS-135 BA4TB

AS-135 BI4SSBとして7月22日よりクラスターレポートが上がっています。ここでは50MHzのみに絞りました。昨日Facebookメッセンジャーにて「50110で聞いてるよ」と送りましたが、既読マークが入っていませんので、現地ではSNSがつながらないようです。

ここ1週間の50MHzのコンディションでBY方面は日本時間11時から12時半、午後は3時から6時くらいまでのオープンを確認しています。
さあどうなりますやら。AS-150 BG4OPもお忘れなく。

« IOTA-VHFへ、なぜ進んだか | トップページ | AS-135 BI4SSB & AS-150 BG4OP IOTAコンテスト前の結果 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHFへ、なぜ進んだか | トップページ | AS-135 BI4SSB & AS-150 BG4OP IOTAコンテスト前の結果 »