World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-227 Sweers Island 大繁盛 | トップページ | AS-207 R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island QSL card & Magnet received »

2021年7月12日 (月)

OC-143 YB5QZ Sumatra Islandから6m Skedに関する返事

YB5QZ AntonさんはYBで一番目の5B DXCCアワードを受けられたほどのDXerです。そんかAntonさんでもYB1TC KardiさんやYB5NOF Johnさん等、先輩ハムには頭が上がらないようで、2005年9月に実施されましたYB1TCリーダーのOC-269 YB7P Karimata Islandでは一兵卒のオペレータでした。そのころからのお付き合いになります。

Antonさんが住むSumatra Islandはインドネシアの最西端に横たわる大きな島です。HFでは簡単に交信できるYB-IOTAの一つです。Antonさんから昨年6mのアンテナ情報を求められました。6mを始めたいと言ってきました。米国製のアンテナを注文したようです。昨年からYBの代表の様に6mでも有名なActivatorになられました。

先週の木曜日にとうとうSkedのお願いを送りました。本日の午後にAntonさんからの返事が戻りました。それによると今シーズンはコンディションがあまりよくないと判断されていました。6mはFT8でほとんど運用しているそうです。CWではほぼ無理だろうと言っています。ただし、+1dbを超えるJA局の信号を聞くことも除きますとのこと。

私の現設備では不可能に近いようです。まだ6mを始めたばかりなので、きっと数年後にGood condxを迎えられるだろう。YB局の信号を見つけたらまたお願いしますと、今回はパスしました。

免許を固定から移動へ変更して車で移動し、ビームアンテナを利用したほうが得策かなと思いました。IOTA-VHF100達成には20年はかかりそうです。

ところでYB1TC Kardiさんは数年前から完全に行方知れず、YB5NOFは昨年末にSKとなられました。

« OC-227 Sweers Island 大繁盛 | トップページ | AS-207 R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island QSL card & Magnet received »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-227 Sweers Island 大繁盛 | トップページ | AS-207 R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island QSL card & Magnet received »