World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« OC-248 Sonsorol Islandに日本から太陽光発電システムが供与 | トップページ | アニュアルリスティング締めの2022年1月末まで残り3か月(5年間未申請局への連絡) »

2021年10月26日 (火)

AS-131 BY7KP Qiao Islandへの質問をいただく

2020年6月にIOTA新規申請をご提案して、見事にIOTAを開始されましたJA1のOMさんから昨日質問をいただきました。

内容は「2021年7月に交信した表題のAS-131 BY7KP Qiao IslandのQSLカードを受領し、IOTAウエブにエントリしようとしたがエラーとなる」ということでした。

すぐにIOTAウエブのAS-131を調べてみました。メニューの「IOTA情報」→「IOTAグループと島」でAS-131をエントリして検索するとAS-131の情報を入手できます。承認の必要性は「Yes」、クレジット率は30%未満ぎりぎりの29.7%でした。これは運用側からその島から運用したというエビデンス(証明)が必要という意味になります。

固く考える必要はありません。2021年7月にAS-131 Qiao Islandから運用したという写真(船の乗船証明(チケット)、その島が分かる構築物などをバックにした写ったもの)をIOTA Ltdへ運用者が送れば承認され、その後QSLカードをIOTAウエブにエントリすることが可能となります。

続いてもう少し詳しく調べてみました。IOTAウエブではAS-131 BY7KP Qiao Islandは既にクレジット受付可能となっていました。QRZ.comを確認すると毎年7月にAS-131 Qiao IslandからIOTAサービスを続けていると書いてありました。おそらくこれは2020年以前の分までであると思われますので、BY7KPへ上記のエビデンス2021年7月運用分を添付してお願いをする必要があります。

併せてIOTA Contest参加のようでしたので、IOTA Contest Resultの確認、Club Log登録の確認もしました。いずれも無しでした。

JA1のOMさんへは「QSLカード受領の御礼と、2021年7月運用分エビデンスの手続きの依頼」をBY7KPへ依頼していただくように返信しました。英文作成が難しいならば、Google Translateを呼び出して日本語入力した内容を英語や中国語に変換した文章をメールで送ればよいでしょうと伝えました。

送り先はIOTAウエブにログイン後、「サポート(SUPPORT)」から「IOTA運用報告(REPORT AN IOTA ACTIVATION)」にて。ログインできなければ電子メールにて「info@iota-world.org」へ送っていただくようにお願いすればよいと思います。トライしてみて成功しますとなんとも言えない達成感を感じられると思います。

数年前からIOTA新規申請の提案を行い、新しく始められた局からこのようなご質問をいただくととても嬉しいですね。IOTAをお勧めしてよかったと思います。

« OC-248 Sonsorol Islandに日本から太陽光発電システムが供与 | トップページ | アニュアルリスティング締めの2022年1月末まで残り3か月(5年間未申請局への連絡) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-248 Sonsorol Islandに日本から太陽光発電システムが供与 | トップページ | アニュアルリスティング締めの2022年1月末まで残り3か月(5年間未申請局への連絡) »