World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA New誕生はいつまで続き、どのようになっていくか | トップページ | OC-247 YB8 Activation on Sapuka Island (12-16 Nov 2021) »

2021年10月 5日 (火)

OC-228 VK5MAV/P Granite Island (05-06 Oct 2021)

この朝に表題のVK5MAV Andyさんの14037upのクラスターレポートを見つけました。久しぶりのCWマンによるショート運用ですが聞きたくなりました。2か月半ぶりにベランダからアンテナを振り出し14037を聞きましたがとても弱く339程度でしょう。CQ連発で時々コールしましたがリターンは得られずでしたが0747JSTに5回目くらいのコールでリターンをいただきました。

GPDXでは、

* (OC-228) - VK5MAV/P > GRANITE Isl - 05 - 06 October (depending on weather cndx)*

425DXnewsでは、

VK - Andy, VK5MAV will be active again as VK5MAV/p from Granite Island
(OC-228) next week. He will not be able to overnight on the island,
as access is limited to daytime hours only. Look for him to operate
CW on 20 metres on 4-5 October (approximately from 20 to 9 UTC) and
on 5-6 October (same time). QSL via Club Log's OQRS. 

と表示していました。

Granite Islandは南オーストラリアの首都アデレードにちかく、VK5CE Craigさんも2年ほど前に何度もトライしてサービスしてくれましたので多くの皆さんが交信されていると思います。新型コロナも少し落ち着いて久しぶりのVK5MAV Andyさんの運用です。

Adnyさんとは10年くらい前に東欧からVKへ移住されVK5MAVにて開局されて以来、IOTAでお付き合いさせていただいています。私の場合はVK-IOTAはHFではOC-214 Lacepede Islandsを残すのみですが、VHFはすべて残しています。(笑い)

2016年5月にOC-214 VK5MAV/6にてLacepede Islands運用のプランを企画されました。すぐにドネーションをお送りし当ブログでも紹介しましたが、諸般の事情で中止になり、しかもドネーションを返金されてしまいました。Andyさんは再度企画したいと言われましたので、OC-214 VK5MAV/6待機中です。

OC-214 Lacepede Islandsは交通の問題よりも上陸許可の問題のようです。しかし、その困難性はOC-294 Sandy IsletやOC-216 Ashmore Reefの方が格段に許可は難しいと思います。そのうちにAndyさんが許可を得られるものと信じております。

今回の運用はコロナ明けのコンディション確認のような感じがします。どうぞ、お声がけをお願いします。

【追記】

VK5MAVのQRZ.comを確認しますと、
VK5MAV / P、グラニット島、 IOTA OC-228、12月7日、22-23 / 07/2020
VK5MAV / 6、Houtman Abrolhos Islands、 IOTA OC-211、2019年4月
VK5MAV / 6、Favorite Island、 IOTA OC-183、2019年4月
VK5MAV / 9、Cato Reef、 IOTA OC-265、2018年4 月実際のOC-265ストーリー
VK9MAV、Diamond Islets、 IOTA OC-267、2017年6 月実際のOC-267およびOC-160ストーリー
VK9MAV / 4、スコーフェル島、 IOTA OC-160、2017年6 月実際のOC-267およびOC-160ストーリー
VK5MAV / 6、Viney Island、IOTA OC-266、2016年9 月実際のOC-266ストーリー
VK5MAV / 6、ブレイクシー島、IOTA OC-243、2016年2月3日
VK5MAV / 8、クローカー島、IOTA OC-229、2015年11月
VK5MAV / P、カンガルー島、IOTA OC-139、2014年2月
VK5MAV / 5、カンガルー島、IOTA OC-139、2011年2月。
VK9NIオペレーター、ノーフォーク島、IOTA OC-005、2009年7月。
VK5MAV、南オーストラリア、IOTA OC-001、2006年、今まで

結構回っておられます。おそらく、VK-IOTAのすべてを廻るくらいの気持ちはあると思います。

« IOTA New誕生はいつまで続き、どのようになっていくか | トップページ | OC-247 YB8 Activation on Sapuka Island (12-16 Nov 2021) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA New誕生はいつまで続き、どのようになっていくか | トップページ | OC-247 YB8 Activation on Sapuka Island (12-16 Nov 2021) »