World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« IOTA-YB NEEDED LIST 2022作成の準備に着手しました(新規募集) | トップページ | IOTA物故者リスト(Golden list) »

2021年12月12日 (日)

IOTA-YB NEEDED LISTに関する件(焦げ付き)

この朝にJA7のOMさんからメールをいただきました。上記YB-IOTAリストに関するデータ送付の内容でした。4つの未回収が報告されていました。そのまま2022年版へ転記しました。ところが4つともども見覚えのある未回収コールばかりですぐに調べてみました。

実は2012年も押し迫ったころにYB3MM AdhiさんとW2FB Steveさんよりインドネシア版のアワードを発行するので手伝ってほしいとの依頼をいただきました。退職したばかりでしかもYB-IOTAをたくさん残していましたので快く了解しました。Nusantara Awardという名称で発行されましたが、私は島リストがないのでIOTA DirectoryからYB-IOTAをコピーし、リストに掲載された島ごとに過去の運用と年月並びにQSLを調べました。

じつは2015年4月に59件のYB-IOTAを完成したあとも「Indonesian Islands list 2021」と作成を続けています。つまり、このリストがありますので過去のYB-IOTAの焦げ付きには大いに力を発揮してくれます。

話を戻して4つの未回収コールを調べすぐにJA7のOMさんへ返信しました。読み返してみますと、以前はよく焦げ付き回収のご支援を好んでやっていることを思い出しました。もともとは海外局との交流を英語の鍛錬と考えてやっていますので目覚めてきました。(笑い)

送りましたメールの内容を転載します。

 確認させていただきました。

①OC-075 YB5NOF/P
Johnさんは2014年9月、2000年7月にBintan Islandから2回運用しています。2回目の方は私がお願いして行ってもらいました。

その後、W2FB SteveさんがQSLmgrになりました。QRZ.comのW2FBのBiographyにQSLカードが掲載されています。2回目の分は私はもらいました。そこには、「YB5NOF/P BINTAN ISLAND log has been received  Please send your QSO details for OQRS with paypal postage payment.」と、書かれていますが、なぜだかOQRSの入力フィールドが無くなっていました。また、Club LogもYB5NOF/Pは未登録になっていました。

OMのQSOが2000年か2014年か不明です。さらにSteveさんはどちらのログも受け取ったのか否か不明です。メールで確認されるとよいと思います。

Steveさんとも親しくお付き合いしています。お医者さんです。奥様はインドネシアの方です。ご子息は日本のアニメの学校に入学する予定がコロナで止まっています。一度、メール確認をなさってはいかがでしょうか。

②OC-177 7A0K
QSLmgrのYC0AIがYB0AIにグレードしましたがSKとなったようです。その後ジャカルタの無線クラブYB0ZZが引き継いで発行しているとありますが1999年10月の運用ですので戻るかどうか心配です。
  
YB0ZZ Indonesia
ORARI DAERAH DKI JAKARTA CLUB STATION (YH0AA)
JL. Suryopranoto No. 8 Gedung Prasada Sasana Karya
Lantai 10, Jakarta Pusat #Roberto#3393# 10130
Indonesia

QSL: DIRECT ONLY

③OC-269 YE7P
5年ほど前までQSLmgrのYB1TC Kardiさんとやり取りしていました。手を尽くして探しましたが情報は途絶えてしまいました。残念ながら無理でしょう。

④OC-273 YB0AI/8
2014年1月にYF1AR Budiさんと一緒に運用しています。①にありますとおりYB0AIはSKとなっています。
現在YE1ARにコール変更したBudiさんへ上記②のOC-177も含めてQSL発行のサポートをできないか私が問い合わせてみましょうか?
望まれますならばQSO dataをOC-177と併せてお送りください。

以上、ダメ元ですのでぜひ協力させてください。 

と、いう内容のメールを返信しました。以前はYB-IOTAを中心に世界中のIOTAの未回収サポートをたくさんしていました。YBの面白いところはすべてが島であり、すべてがIOTA番号を持っています。QSLカード回収可能性の有無を考えずに過去ログからYB、YE-YC-YD-YF-YG-7Aなどを引っ張り出し、確認すると1件2件のIOTAを見つけ出せることがあります。

上記①のYB5NOF Johnさんは結婚50周年式典にご招待する、③YB1TC KardiさんはいつもわたしのことをMy brotherと呼んでくれるほどお付き合いをしていましたが、残念ながらSKや行方知れずとなってしまいました。感覚的ですが70歳に辿り着く前にSKや認知症になられるケースが多いです。日本より5年から10年くらい早いように思います。

YB-IOTAの未回収サポートをお手伝いできます。私のメリットは連絡を取り続けられるということです。

« IOTA-YB NEEDED LIST 2022作成の準備に着手しました(新規募集) | トップページ | IOTA物故者リスト(Golden list) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-YB NEEDED LIST 2022作成の準備に着手しました(新規募集) | トップページ | IOTA物故者リスト(Golden list) »