World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« YB-IOTA 攻略のl留意点をアドバイス | トップページ | IOTA-YB Needed list 2022をYBのペディショナーやresident局へ発信しました »

2022年1月23日 (日)

OC-075 YB5NOF/P Bintan Island QSL card OK

本日、表題のOC-075 YB5NOF/P Bintan IslandのQSLマネジャであるW2FB Steveさんから返事がありログとQSLカード発行OKとのメッセージが届きました。

基点はW2FBとYB3MMが発行するNusantara Awardです。そのアワードのポイント取得のために当時かなり深くお付き合いしていましたYB5NOF JohnさんへOC-075 Bintan Islandへ行っていただくことになりました。初回は2000年7月に運用していましたので気軽に依頼しましたらJohnさんがBintan Islandで3エレ八木をあげている友人がいるのでリグ持参で運用すると言っていました。

2014年9月に交信しました。1泊2日だったと記憶しています。30QSOくらいではないかと思います。これを当ブログでレポートしましたら、すぐにW2FB SteveさんがJohnさんへQSLmgrをかって出ました。そのときに2000年7月運用のログも一緒にと言ったような言わなかったような記憶は残っていません。2014年11月20日にOQRSで3USDを送り、12月1日にQSLカードを回収しました。

そして、2021年12月10日に31名の参加者であるIOTA-YB Needed List2022作成の案内メールを発信しました。すぐにJA7のOMさんからメールが戻り、4~5件のYB-IOTA焦げ付きの報告をいただきました。その中に2000年7月運用のOC-075 YB5NOF/Pがありましたので上記のことを思い出し、自作のIndonesian Islands Listを確認してすぐにW2FBへ連絡しました。

最初はメールをW2FBへ送りましたが反応なし。年を明けてすぐにFacebookのメッセンジャーで連絡すると10日ほどでログをチェックするとの短い文章が届く。ようやく本日にOKのメッセージが届きました。W2FB Steveさんは医者でオミクロン株の対応でほとんど時間がとれないようです。

すぐにJA7のOMさんへ「3USDをPaypalで送ってください」と連絡しました。YB-IOTAの焦げ付き分回収レポートでした。

« YB-IOTA 攻略のl留意点をアドバイス | トップページ | IOTA-YB Needed list 2022をYBのペディショナーやresident局へ発信しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTA 攻略のl留意点をアドバイス | トップページ | IOTA-YB Needed list 2022をYBのペディショナーやresident局へ発信しました »