World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-054 FW1JG Wallis Island for 6m | トップページ | IOTA-YB Needed list 2022のYB側からの反応 »

2022年1月26日 (水)

NA-037 KL7FBI Shemya Island QRT

この朝にIOTA-chasers forumに表題のNA-037に関しましてVE3LYCが次の投稿をしていましたので転記します。

[IOTA-chasers] KL7FBI's shutdown

Hi guys,

Fred informs us that he had to take his antenna down, and will leave Shemya tomorrow, Wed. Between 4 Dec 2021 and 24 Jan 2022 he made 1289 contacts with stations in 53 DXCCs. He realizes that not everyone who wanted to log him was able to do so, but he did his best to be on the air as much as possible.

While Fred is not scheduled to return to Shemya this year, he is determined to find hams among those who will be scheduled to work up there, get in touch with them and encourage them to operate. He will explain to them the pitfalls he encountered, and keep us posted.

Best regards,

Google和訳も付けてみます。

こんにちは、みんな、

フレッドは、アンテナを降ろさなければならなかったと私たちに知らせ、明日、水曜日にシェミアを離れます。 2021年12月4日から2022年1月24日までの間に、彼は53のDXCCのステーションと1289の連絡を取りました。彼は、彼を記録したいと思ったすべての人がそうすることができたわけではないことを理解していますが、彼は可能な限り放送されるように最善を尽くしました。

フレッドは今年シェミアに戻る予定はありませんが、そこで働く予定の人々の中からハムを見つけ、彼らと連絡を取り、彼らに手術を勧めることを決意しています。彼は彼らに彼が遭遇した落とし穴を説明し、私たちを投稿し続けます。

よろしくお願いします、

今回の運用を行ったFredさんは戻る予定はないとのことです。しかし、同僚でハムに興味をしめす仲間がいたと思われます。おそらくFT8の運用を見て、ゲーム感覚で受け入れられたのではないでしょうか。想像ですが。

KL7FBIはもともとクラブ局です。わたしも1974年9月に前のコールで交信しQSLカードを受領していました。1997年にIOTAを開始した時にこのQSLカードを見つけ出し、NAの第一号IOTAとなった記念すべきステーションです。

JAとWのクラブ局の感覚は違うかもしれませんが、他の同僚が免許を取得した場合、クラブ局のほうがでやすいかもしれません。クラブ用の設備がそろっていればラッキーです。位置としてはアリューシャン列島にありますのでJAとは交信しやすいと思います。

« OC-054 FW1JG Wallis Island for 6m | トップページ | IOTA-YB Needed list 2022のYB側からの反応 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-054 FW1JG Wallis Island for 6m | トップページ | IOTA-YB Needed list 2022のYB側からの反応 »