World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 本日1月31日、IOTA申請の締日です | トップページ | VE3LYC bookを読み進めています »

2022年2月 1日 (火)

OC-001 VKs on 6m、VKが6mで聞こえた

2022年1月31日の夕方、福岡ではちょうど日の入り直後でした。クラスターのレポートに50110にてJE6AZU局がSSBによるVKのレポートをあげ始めました。1時間ほど前にOC-143 Sumatra IslandのYB5QZ Antonさんが50313にてレポートが上がっていましたのでクラスターを注視していました。YB5QZはメール交換をときどきしていますが、6mCWでのSkedは断られ続けています。

私のアンテナAPA-4はHF4バンド専用ですが、Warcバンドもよく飛びますし、もちろん限界はあります。VHFもJA近辺と多くのQSOを昨年体験しました。CWならばと思いつつ、残念ながら近年のクラスターレポートは9割以上はFT8などのデータになっています。SSBやCWのレポートはほとんどなく、50110前後のワッチ専門になっています。

宮崎県都城市のJE6AZU局が夕方5時過ぎに50110にてVK3MH、VK2DIE、VK3BFHとSSBレポートをあげられました。6mのワッチはAPA-4のエレメントをベランダの上に置いた状態で聞いていましたが、すぐにベランダに出てアンテナを振り出しました。もごもごと聞こえていましたvk3を初めて聞くことができました。感激しました。

昭和45年頃にYaesuのFR50Bを購入し、SWLをやっていました。初めて21MHzでKG6(現在のKH2 Guam)を聞いて大感激したときと同じような感覚を覚えました。うまくいけば交信できる可能性があると思いました。

すぐにQRZ.comにて各VK局を確認しました。VK3MH局は昨日にFT8/CW/SSBにより多くのJAと交信されていました。HFだけのIOTAですと、OC-001になかなかニーズを見出せませんが、IOTA-VHFの切り口から考えるととても貴重な1クレジットであります。いよいよ6mでVKまで届きそうな気がしてワクワクします。

« 本日1月31日、IOTA申請の締日です | トップページ | VE3LYC bookを読み進めています »

コメント

おはようございます。

この時期も南北のオープンあるようですね。
こちらのサイトの情報が役に立ちます。

https://moon.ap.teacup.com/jr2hcb/

四十物さん、おはようございます
 FB情報をありがとうございます。マップにするとわかりやすいでね。6mのクラスターレポートは可能な限り把握しています。まもなくIOTA2022リストが発表されますね。イタリアと並んで1位になっていて欲しいです。
JR2HCBさんへIOTA-VHFを薦めてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日1月31日、IOTA申請の締日です | トップページ | VE3LYC bookを読み進めています »