World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« IOTA-VHFをぼちぼち開始しました | トップページ | ニッポン頑張れ! 世界一位をもうひとつ ハムの世界で »

2022年1月21日 (金)

AS-137 BG5FZC Zhoushan Island on 6mの発見

6mのIOTA申請をされています福岡県太宰府市のJH6BPG松尾さんからお電話をいただきました。ちょうどウォーキング中で公園で休憩していました。表題の「BG5の局と(6mで)交信した。調べたらAS-137のようです」とのことでした。

帰宅してメールにてやりとりをし、コールサインをBG5FZCとお聞きして調べてみました。QRZ.comの住所をコピーしてGoogleマップに放り込みました。
Bg5fzc-0

中国語で船山島と表記されます。島自体が船山市のようです。英語名でZhoushan IslandでIOTA AS-137で間違いありませんでした。

ズームアウトしますと、

Bg5fzc-1

下の赤丸がZhoushan Island AS-137ですが、上の赤丸は一昨日に紹介しましたAS-136 Chongming Islandです。意外と近いです。

JH6BPGさんは「BG5FZC宛へSASEを送り、IOTA AS-137 Zhoushan Islandの明記などをお願いされた」ようです。メールアドレスなし、IOTAへの知識がないようです。こちらも状況を詳しく調べたいと思います。さらにJA近辺のIOTA-VHFを掘り起こしたいと思います。

いつもIOTAで協力してくれますBA4TB Daleさんへも相談してみたいと思います。ただし、昨年もAS-136の現地運用局を見つけたので云々と相談しましたが、あまり積極的ではなく、AS-135 BI4SSBを運用するのでと目先が変わってしまいました。1月から4月までを掘り起こしと情報収集の期間とし、5月からの6mオープンに合わせたいと思います。

« IOTA-VHFをぼちぼち開始しました | トップページ | ニッポン頑張れ! 世界一位をもうひとつ ハムの世界で »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHFをぼちぼち開始しました | トップページ | ニッポン頑張れ! 世界一位をもうひとつ ハムの世界で »