World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« VE3LYC book 気になる報告 | トップページ | フィリピンのIOTA DXペディショナーの紹介 for 6m »

2022年2月20日 (日)

IOTA-VHFのYB版リスト作成にご協力ください

この朝に京都のJE3GRQ高田さんから表題のYBリスト6m版への参加をいただきました。ようやく8局目です。高田さんは数年前にIOTA-V/UHF100を達成されIOTA申請済ですので強力な援軍を得られたような感じです。送られたYBリストは5局でOC-034/088/148/295の他国を含む分が含まれていませんので再度確認をお願いすることにします。電子ログからYB-IOTAの6m分をコピーして送っていただいています。

その明細の一部を見ると、なんとOC-143 YB5QZ、OC-144 YE4IJ、OC-146 YB8RWのご報告をいただきました。YB5QZ Antonさんはちょうど2年前に6mのオープンを確認され、すぐに6m用のビームアンテナを発注した経緯を存じ上げています。個人的には昨年もAntonさんには6mSkedをお願いしました。8局中、5局がAntonさんとの交信です。HFでは興味がわかないOC-143でも6mでは欲しくなります。

OC-144 YE4IJ Irfanさんは同様に一昨年に6mSkedをお願いしましたらすぐにT型ダイポールを作成しトライしてくれました。昨年にはなんと6mはハンドメイドのビームアンテナに変わってビックリしました。高田さんが昨年交信されていましたのでとても嬉しく思いました。JAの6mを待っておられます。OC-146 YB8RW Dinさんへも6mSkedの依頼を昨年しましたところ、「いま、アンテナが壊れている」との返事でした。

JAからの6mYBリストをお送りし、早めに6mに復帰するよう促したいものです。

2022年2月発表のIOTAリスト2022をいまかいまかと待っているところです。HFでは2021年1月でIOTA申請者が世界一位になりました。私のご支援は単にClub Log MatchingによるIOTAクレジット件数の把握と申請のお願いを多くのDXerの皆さんへ紹介したのみです。実際にはCP JAの中嶋さんが申請時に発生する諸問題等々を解決してくださいました。他の国では同様なことがほとんどされていないようです。

IOTA申請者数世界一位(HF版)をJAで確立しましたら、やはり続くIOTA-VHFも世界一位を目指したいものです。欧米中心のIOTAプログラムをJAが連続制覇できると面白いと思います。JAのIOTAチェイサー全員で達成したいものです。

もちろん、6mのアンテナをお持ちでHFと合わせてIOTAを楽しみたい方は是非ぜひ、ご参加ください。最低でも20局くらいのリストにしたいと思っています。2月27日に締めきりまして、3月1日にYBのIOTAペディショナーの皆さんへお願いのメッセージを付けて送る予定です。(Tnx JE3GRQ)

 

« VE3LYC book 気になる報告 | トップページ | フィリピンのIOTA DXペディショナーの紹介 for 6m »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VE3LYC book 気になる報告 | トップページ | フィリピンのIOTA DXペディショナーの紹介 for 6m »