World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« IOTA-VHFリスト、2022 vs 2021の比較 | トップページ | OC-088 Karimata Island by Dxportable Tour De Kalimantan Activities »

2022年3月 8日 (火)

国際返信用切手券IRCについて

IOTA-VHFの50クレジットを達成すべく3月7日から6mワッチの強化を実施しています。1月17日から開始しましたVE3LYC bookの和訳も3月6日に完了し、冒頭からの日本語文の読み直しをしながらワッチしています。

VK4やFKが50105から50140あたりでかなり強く入ってきますが、JAからのパイルが多いのに驚いています。この強さならばそのうちOC-001として1局くらい交信できるだろうとワッチを楽しんでいます。ワッチした局は6mのSWL用ログに書き込みます。出てくる周波数やQRZ.comから得られる情報を丁寧に付記し記載しています。

その中で気になったことがQRZ.comの中の情報でQSLの項目です。「IRCまたは3USD」や「IRCまたは4USD」と書き込んであります。3~4USDを送ると単純に本日現在のドル円レートは115.52円/ドルとありますので、346円~462円くらいの返信料となります。

IRCを使ったのは2016年のAF-023 S9YY via DH7WWの請求が最後でした。当時、ドイツはIRCまたは4~5USDだったとおぼろげに覚えています。OQRSのPayPal送金、またClub Log Matchingがスタートした年でしたので、その後、IRCを使うことはなくなっていました。

JPのウエブに詳しい情報がありました。
https://www.post.japanpost.jp/int/information/2021/0915_01.html

6m運用のVK局がPayPalを使用しているか否かメールにて確認する必要がありますが、PayPalアカウントを保有している場合でも3USD(約346円)で請求する必要があります。ところがIRC同封のSASEで請求すると国際郵便料110円+IRC料金150=260円で済むことになります。もちろんQSLカードも必要です。

IOTAウエブにて「電子照合可能な運用」のOC-001を検索しますと、ほとんどがLoTW QSO Matchingの分が掲載されています。さらにHFによるものと思われます。最近に6mにてワッチした局はほとんどMatchingシステムの登録がされていません。折角でありますので、私が交信できたときはClub Logの登録、Matchingの登録をお願いするようにします。上手く登録してくれれば、IOTA-VHFのOC-001として、Club Log Matching/LoTW QSO Matching登録局としてご活躍いただけると思います。

Matching登録をうまくされないケースもありますので、国別のIRC利用可能状況を調べてみたいと思います。ご存知の方がおられましたら、2021年10月に提供されました現在のIRCの国別利用状況をお教えください。

 

« IOTA-VHFリスト、2022 vs 2021の比較 | トップページ | OC-088 Karimata Island by Dxportable Tour De Kalimantan Activities »

コメント

山本さん、ご無沙汰しています。
IRCに関する話題でしたので、コメントさせて戴きます。

UPU(万国郵便連合)のHPでIRCが使える国・地域の一覧を見てみましたが、昨年まで89あった国・地域が今年からは61に大幅減少しているようです。
さらに、この中でも実際には切手との交換が大都市の郵便局でないと出来ないという理由から「IRCは受け付けない」とあからさまにQRZ.comに掲載している局もいて、IRCが有名無実化している状態になっているとも言えます。
事務手続きが煩雑で割に合わないという理由から、WやVEのようなUPUの加盟国であってもIRCから手を引いた国も少なくありません。

ちょっと奥が深い題材なので、これ以上コメントは差し控えますが、時間があれば当局のblogでも取り上げてみたいと思います。

前田さん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
そうですね。昔はIRCを多用していましたので、久しぶりにIRC OKのQRZ.comのメッセージを拝見し、嬉しくなって投稿してみました。ドイツのマネジャには必ずIRCを選択していた記録が残っていました。近年はOQRSが主流なってしまいIRCによる節約術をすっかり忘れていました。要するに本人がIRC OKと回答すれば使用できるということでしょうね。
毎日ウォーキングで早良郵便局の前を通りますので、IRCを保管はせず、都度都度で対応したいと思います。
ぜひ一度まとめられてブログにご投稿ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHFリスト、2022 vs 2021の比較 | トップページ | OC-088 Karimata Island by Dxportable Tour De Kalimantan Activities »