World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 故UR8GXの親切 | トップページ | IOTA-VHF50獲得に最新myツール »

2022年3月18日 (金)

OC-010 V63SC Pohnpei Island 50MHz請求

昨年5月にIOTA-VHFにチャレンジすることを決め、過去ログから50MHzの交信データを探しました。そのうちの一つが表題のOC-010 V63SCで、2002年の交信でした。残念ながらQSLカードを受領できず、IOTAウエブではOC-010ではクレジット可能でしたが、Matchingシステムは登録されていませんでした。

QSL via JM1LBOですが、メールアドレスの表記がありませんでしたが、jarl.comが可能でした。QRZ.comではOC-010 7回、OC-011 3回、OC-012 3回、OC-059 2回の運用を1998年から2017年の間にされていました。

QSLカード回収よりもjarl.comを通して、Club Log Matchingへの登録推進をお願いすることにしました。しかし、残念ながらメールエラーとなりマッチング登録には至りませんでした。間をあけて4~5回ほどメールチャレンジをしましたが失敗に終わりました。

そして、10か月ほど粘りましたが、本日、QSLカード請求のためのSASEを作成しました。マッチングの提案もしたかったのですが断念してポストインしました。

コロナ禍が早く収まって欲しいですね。HFではJAからのたくさんのペディショナーが運用していましたので、再び50MHzの運用を期待します。

 

« 故UR8GXの親切 | トップページ | IOTA-VHF50獲得に最新myツール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 故UR8GXの親切 | トップページ | IOTA-VHF50獲得に最新myツール »