World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 6mの3月分クラスターレポートを分析する | トップページ | IOTA-VHF50クレジットによる申請画面の確認 »

2022年3月14日 (月)

OC-144 YE4IJ Irfanさんからの返信

2022年3月14日、昨日夜に複数のYBが6mで入感したとのレポートが上がってきました。

そして、本日夕方にYE4IJ Irfanさんからメールが届きました。「Good newsです、Shu-san。仕事から戻ってFT8でCQを出したが雷雨のためにコンディションが悪かった。しかし、JA5FBZやJF4VZTとFT8で交信できました。もっと多くのJAと交信したいです」とのメールでした。

6mのコンディションは一気に開いてきますね。今後もどしどし出てくれるでしょう。これを契機に6mのYB-IOTAが続々と出てくると良いですね。

なお、YE4IJはresident局ですので、IrfanさんへClub Log Matching登録の年度更新2022年12月31日の依頼をIOTA Validation teamへ依頼していただく必要があります。

« 6mの3月分クラスターレポートを分析する | トップページ | IOTA-VHF50クレジットによる申請画面の確認 »

コメント

山本さん、こんばんはIrfanの所、雷雨があったんですね。どうりでReportのやり取りを5回繰り返しやっとQSOが成立しました。私なら即同軸外してQRTです。QSOのお礼と、常駐局登録の更新を勧めるメールを送りました。山本さんの日頃の交友のおかげです。ありがとうございます。

澤山さんのコールをIrfanさんからいただきましたとき、思わず「やった」と叫びました。(笑い)
彼には自作アンテナに関しての資料をいただけないかお願いしてみました。また、YB7RDへ送ってもらえるか、via JN6RZMで送らせてもらえないかお願いしました。
OC-130 Mindanao Islandもresident局がたくさんいますので協力局を見定めています。BPGさんが本日DU8VJのレポートを見つけられたそうです。
澤山さんにお願いですが、世界初のIOTA-VHF50の申請をしてくださいませんか? 多分、世界で第一号になると思います。一度申請すれば爾後はHF申請時に+VHF分を併せて申請して100件以内になると思いますので、追加申請料は変わりませんので、お願いいたします。
その世界初の体験談を当ブログに掲載させてください。IOTA-VHF50を大流行させましょう!

澤山さん、2年越しのQSOおめでとうございます。

私の所では、Irfanさん一度見えただけで、その後全く見えませんでした、YB0AZ,YB5QZは安定強力でしたが、あと1局のYB5も見えませんでした、YB向けは1000mの山越えになるので、弱い信号は平地の方と比べるとかなりの減衰が有るようです。

一昨日の23時過ぎに、YB7 カリマンタン2局出てましたが1局は全く見えず、YB7WRのみのQSOでした、YB7は初交信でした、最近、山本さんのおかげか、YBのアクティビティーが上がって来たように思います。

YBのあちこちの島からの電波が聞こえると嬉しいですね、IOTAを追いかけていない局も、GL集めが出来るので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6mの3月分クラスターレポートを分析する | トップページ | IOTA-VHF50クレジットによる申請画面の確認 »