World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« OC-247 donation | トップページ | IOTA-VHF OC-144 YE4IJ QRV info »

2022年4月20日 (水)

OC-130 JI1FGX/DU9 on 6mのQRVへチャレンジ

先日、OC-130 Mindanao Islandの4E9VVNへ6m OC-130サービスとClub Log Matching登録のお願いをメールにてしました。すぐに返信メールをいただきましたが、Club Log Matchingのほうはよくわからないという回答でした。運用もその後1回だけクラスターレポートへあがっていました。

本日、整理をしていましたら2012年に交信した表題のOC-130 JI1FGX/DU9がまだ運用されているように感じましたので本日6m運用のお願いをしてみました。上野さんは2009年ころにDUへ渡り、フィリピンの生活を伝えるウエブをよく訪問していました。交信してQSLカードも6mSSBでいただいていました。ちょうど1年前に探し出していたのですが、OC-130のサービスをしていただくことを思いつきませんでした。

QRZ.comやウエブを確認すると2020年末に日本に戻られた際にコロナ禍でDUへ渡れなくなり2アマの勉強をして2021年1月に合格したとのレポートを拝見することができました。また、6mもお好きのようです。

6mのアンテナは22メータハイ5エレ八木とのこと。QSLはvia JJ2VLY 桜井女史です。JARLやSASEでOKと書いてあります。

JA-IOTAの状況やIOTA-VHF運用が少しずつ増えそうな雰囲気であることなどを伝えました。上野さんからのご返事をまずは待つことにします。

【追記】

本日14時36分に上野さんあてにメールを送りました。20時30分に返信が戻りました。要点は次の通りです。

①16年01月17日に落雷で全部の家電製品と無線機がダメになった。
②FT-DX3000を買いなおした。
③奥様の希望で2019年に来日しコロカ禍の影響で戻れなくなりそのまま日本に滞在中。
④最近ようやくDUに戻れそうだが奥様の仕事の関係でしばらくかかりそう。
⑤戻れたとしてもアンテナ群が台風や雷などで復旧の時間が必要

との回答をいただきました。戻るとき、運用再開時にはウエブにて報告するとのことでした。ウエブはJI1FGXのQRZ.comにあります。

たいへん丁寧なご返事で再開の意欲も十二分にありました。

 

« OC-247 donation | トップページ | IOTA-VHF OC-144 YE4IJ QRV info »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-247 donation | トップページ | IOTA-VHF OC-144 YE4IJ QRV info »