World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF 50への新しい申請者からのうれしいメール | トップページ | 42年ぶりの連絡 for OC-001 VK4AHW »

2022年4月 3日 (日)

OC-001 VK4AHW Harveyさん、知り合いかも

本日も6mワッチを続ける中、クラスターレポートに「VK4AHW 22/04/03 0436Z 50110.0 TNX QSO Harvey JA7***」のデータが上がりました。Harveyという名前に注目しました。すぐにQRZ.comを確認すると数日前にしっかりと確認済みでしたが、名前を見落としていました。

1979年の年末から1980年の正月までユースホステル会員の友人に誘われて鹿児島発着のエアニューギニー航空にて1週間のパプアニューギニアとオーストラリア旅行に行きました。ポートモレスビーで乗り換えてオーストラリアのケアンズに着いて税関を通る中で同じツアーの参加者らしき日本人女性が無線機を下げて検査を受けていました。よく見ると八重洲のFT-101でした。びっくりしました。

すぐにその女性にお声がけして無線機持参の理由と私もハムをやっていることを伝えました。鹿児島の義理のお兄さんがJA6のツーコールのハムでVKの友人にプレゼントするために持ってこられたそうです。その後、ブリスベーンに飛びましたが、いずれかの空港でVKのハムに手渡したことを教えてくださいました。

その後、彼女はブリスベーンのハムの家に1泊させてもらうといわれました。12月31日の朝にゴールドコーストのホテルに戻ってこられました。前泊したハムのHarveyさんとそのお嬢さん6歳だったと思います、が車で送ってこられました。私も英語に慣れているので、また同じハムなのでサポートで同行してほしいと依頼されました。フリーデーでしたので断る理由もなく、Herveyさん親子と彼女と私の4名でゴールドコースト周辺のドライブへいきました。

とても楽しいドライブでした。八重洲のHF車載機FT-757を積んでおられましたので、JAと1局交信させていただきました。晩御飯まで付き合いましたが物凄く充実した時間を過ごした記憶が残っています。帰国してからも2~3回手紙のやり取りをしましたが42年前で残っていません。

VK4AHW Herveyさんの話に戻ります。QRZ.comをひとつひとつ確認しますと、仕事、年齢、ハムの役職、日本語少々など完全に一致します。旅行のアルバムにHerveyさんのQSLカードを貼り付けていた記憶が残っていますが、そのアルバムが家中を探してもまだ見つかりません。

6mに盛んにでているようです。お住まいも海岸部であり、たくさんのIOTAが横たわっています。

ちょうど大晦日で日本では紅白歌合戦があることを伝えて、Herveyさん親子とJA二人でVK-JA歌合戦を行いました。Herveyさんのリクエストで「さくらさくら」を、私のリクエストで「ワーテイグマティルダ」を歌っていただき心温まるドライブの記憶が残っています。

6mのクラスターレポートから、まさか、ひょっとしたら42年ぶりに連絡がつくかもしれません。近場のIOTA運用もお願いしたいです。

 

« IOTA-VHF 50への新しい申請者からのうれしいメール | トップページ | 42年ぶりの連絡 for OC-001 VK4AHW »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF 50への新しい申請者からのうれしいメール | トップページ | 42年ぶりの連絡 for OC-001 VK4AHW »