World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« Recently 6m band | トップページ | AS-079 JI3DST/6 Miyako Island (4/20-5/9) »

2022年4月14日 (木)

OC-042 DU1EV Luzon Island for 6m マッチング登録に成功

表題のDU1EV Eddieさんが4月12日(火)1730JSTに50115SSBに出てきてとても強力な信号をJAへ送り込んできました。小1時間ほどサービスをされました。QRZ.comを確認するとフィリピンのハム関係の役職をされたりQSLカードの手配など丁寧な対応をされていました。

LoTWやClub Logを登録しているとありましたので確認しました。
Du1ev  

残念ながらClub Log MatchingもLoTW QSO MatchingにもIOTAウエブのAccepted activations for QSO matchingリストにはDU1EVのコールサインは存在していませんでした。返信メールを送ることを考えましたが、少し様子を見ることにしました。

当日にEddieさんあてへ交信のお礼とIOTAの状況報告、Club Log Matchingの登録方法を説明してメールにてお願いしました。添付ファイルに英文マニュアルを付けました。翌4月13日朝にDU1EVより返信メールをいただき、「あなたのQSOデータをClub Logに登録完了しました。また会いましょう」と戻りましたがマッチング登録に関してのメッセージはありませんでした。

4月13日も1800JST過ぎに50130SSBにてDU1EVがサービスをしていました。JAがほとんどでした。夕食の準備のため離れました。

4月14日のこの朝、Accepted activations for QSO matchingリストをいの一番に確認しました。
Du1ev-1 

やりました。DU1EVのLoTW QSO Matchingが登録されていました。しかし、提案しましたClub Log Matchingはまだでした。

ある事情でまだLoTW QSO Matchingを私は登録できていません。しかし、担雪埋井で少しずつ提案していきたいと思います。QSLカードの作成料、送料、手間などを考えれば、DU1EV Eddieさんがマッチングシステムをフィリピン各局に進めてくれる可能性もあります。

簡単な英文でお願いできますので多くの皆さんにマッチングシステムの提案をお願いしたいと思います。

« Recently 6m band | トップページ | AS-079 JI3DST/6 Miyako Island (4/20-5/9) »

コメント

山本さん、中嶋です。

当方も4月13日09:30UTCに交信したので、電子照合可能か確認しましたら、昨日時点では未登録でしたので、「カード請求しなきゃ」と思っていました。
山本さんのブログを見て早速LoTWで確認しましたら、照合オーケーでした。
30日後のクレジット追加が楽しみです。
Pending 27 + 30日待ち 3 = 合計30になりました。

中嶋さん、こんにちは
グッドタイミングでちょっぴりお手伝いできてとてもうれしく思います。残り20ですね。早い!
DU-IOTAはOC-042、OC-129、OC-130にresident局がおられます。他はペディション待ちのようです。今週確認できましたのはOC-129 DU6RCR、N7ET/DU7、OC-130 4E9VVNでした。4E9VVNへも提案しましたが、少し厳しいようです。もう少し慣れたらいけるかもしれません。多くの皆さんにIOTA-VHFにおけるマッチングを利用していただけたら幸いです。中嶋さんの英文マニュアルが効果を上げてくれています。
舟木さんが4月20日からAS-079宮古からでてくれます。しっかりと6m運用をお願いしました。

山本さん、中嶋です。

DU1EV Eddyさんとの交信はClub Logでも照合出来ました。
13日09UTC過ぎまでのQSOがアップされています。
多分、アップされたデータ日付が確認出来た後、電子照合可能リストがアップデートされるのではないでしょうか。

中嶋さん、ありがとうございます。
30日後の楽しみができました。Eddieさんにも今からお礼のメールを送っておきます。QRZ.comのbiographyのメッセージからQSLカード発行の手間を感じていることを理解できましたので、提案しました。
交信することよりもマッチングシステムを普及させることのほうが面白いです。なぜならば多くの皆さんにクレジットをプレゼントできるからです。もっと頑張ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Recently 6m band | トップページ | AS-079 JI3DST/6 Miyako Island (4/20-5/9) »