World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF Meeting in Hakata 2022を企画します | トップページ | OC-221 YB8XM/PとOC-247 YB8HZ/Pの状況報告 »

2022年4月30日 (土)

NA-070 KL7RRC Kiska Island on 6m

IOTA-VHFの申請におけるルール新設に伴い50~99クレジットには3大陸、100クレジットには5大陸が必要です。

昨年4月のルール変更により「HFとV/UHFアップデート申請を同時に行う際の申請料減免措置」が実施されました。これが要因となって私もIOTA-VHFにチャレンジすることにしました。しかしながら100クレジットは近場のIOTAを提案活動でかき集めれば数年かかければ可能かもしれないと思いましたが、どう考えても5大陸達成は生きているうちにできるかなという年齢を考えるようになりました。20年くらい?

そして、この2月に50クレジット/3大陸のルール変更があり、なんとか生きているうちにこれは達成可能であると意を強くし始めました。

そのような中で2日前にすでに「100クレジット申請済み」の第一グループ、「50~99クレジット申請済み」の第二グループ、そして「50クレジット申請を目指す」第三グループの説明をさせていただきました。とても重要なことは第三Gから第二Gへ上がるときは3大陸が必要であること、同様に第一Gにはいるべく100クレジットを超える場合は5大陸が必要であることです。

50クレジットを目指す方はASとOCはほぼ普通に6mを楽しめば2大陸は確保できます。3大陸目をどうするかです。AF/AN/EU/NA/SAの中から一つということになります。

そこで登場するのが2021年7月上旬に実施されたNA-039 Adak/NA-070 Kiska KL7RRCです。残念ながらNA-070は中止となり、NA-039 Adak Islandのみの運用となりました。ご承知の通り2022年7月4日~10日の8日間にNA-070 Kiska Islandのみの運用が実施されます、North Americaですが、NA-064、NA-037に続いて3番目にJAに近いNA-IOTAです。昨年のNA-039 Adakよりも近くなります。

私は2021年2月9日にKL7RRCのリーダーであるN3QQ Yuriさんへメールにて6m運用のお願いをしました。どうしても6m NAが必要ですと強く運用をお願いしました。

(前略)
Yes, we actively working on 2021 plans. Awaiting a quote for transportation
now, spoke with a captain Sunday.
The timeframe is mid-July-mid August when the boat will be available.
Unknown yet.
Absolutely we will have 6m equipment and antenna and hopefully, propagation
will be too. I remember few pileups on 6m from past expeditions with JA's,
so much fun!

https://www.youtube.com/watch?v=cRuj66W3AB8&list=PLE29E94C0266A138F&index=8

(中略)

I will let you know as soon as I have more details about Kiska/Adak dates.

73,
Yuri Sushkin
N3QQ
www.na-234.com

とのメールが戻り6mもやってくださるとの返事で大喜びしました。とくにYouTubeの上記ウエブを拝見しましたら過去のKL7RRC運用で6mCWでバサバサとさばいている映像でしたので安心していました。しかし、残念ながらFT8オンリーの運用に終わりました。

そこで今回は第三Gの「50クレジットを目指す」皆さんのために再度6m運用をスタンバイしていることをお願いしようと思っています。もっともJAに近いNA-IOTAです。どうぞAS/OCのみの局はこのNA-070との交信を大切にして実行してください。

第三G(一般的にはIOTA-VHFをやっていない局、やり始めたばかりの局)の方でまだAS/OCのみの場合、こっそりと教えてください。今回もN3QQ YuriさんへIOTA-VHFのJA世界一位を目指していることを説明したいと思います。CW/SSB運用も強くお願いするつもりです。(笑い)

ちなみにYuriさんは6m大好き人間です。よりJAに近い、NA-070とのVHF交信を目指しましょう。
https://na-234.com/

« IOTA-VHF Meeting in Hakata 2022を企画します | トップページ | OC-221 YB8XM/PとOC-247 YB8HZ/Pの状況報告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF Meeting in Hakata 2022を企画します | トップページ | OC-221 YB8XM/PとOC-247 YB8HZ/Pの状況報告 »