World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF OC-001 VK4AHWとのSked開始 | トップページ | IOTA申請局へのIOTA-VHFをお勧めすることを説明します »

2022年4月 6日 (水)

IOTA申請済みの局からIOTA-VHFへのチャレンジをお勧めします

1997年4月30日にCQ出版社から日本語版IOTA Directory1997が届いて以来、ちょうど25年の四半世紀に到達しようとしています。100ワットに4階ベランダから振り出したAPA-4でよくぞ続いたものです。1994年に再開局して7BandのDXCCを終了しつつあるときにその先を迷っていましてが、CQ誌に毎月紹介される上記のIOTA Directory申込書を見ていましたが、迷うにつれて活路を見出すためにDirectoryを申し込みました。

翌日の5月1日からDirectoryの巻末にあるIOTAリストに導かれたように鉛筆とボールペンを持って記入していくと徐々にIOTAに引き込まれていきました。日本語によるルールものめりこむほど疑問が湧き、手垢ですぐに汚れてしまいました。書いてあることを次々に取り入れました。

そのルールの中で「やらない」と決めたのはなんとIOTA-VHFでした。ポイントはアップデート申請料が別建てでコストが倍になること、6mは前のコールの時代からやったことがなかったこと、さらにベランダに6mのアンテナを上げることが無理であったことです。別建ての申請料が最も大きなハードルでした。

3年前にJA6WJLさんがIOTAを申請されるときに、「VHFはやめたほうがよい。2倍コストがかかる」とセーブしていただくアドバイスをしてしまいました。そのWJLさんのご紹介によりJH6BPGさんがIOTA-VHFのみで申請されるとともに、BPGさんから6mの不思議さと面白さをたくさん教えてもらいました。

IOTA-VHFはやめたほうがよいと言っていたミイラ取りがミイラになったきっかけは当ブログで何回も報告しましたCP JAの中嶋さんによる2021年4月のIOTA-Ltdのオンライン役員会におけるご発言です。即時にルール改正が実行され、HFとVHFの申請が同時の場合、アップデート件数の合算にされることになりました。

私もHFのみでしたが、2016年4月にIOTA700に到達し、同年5月29日にIOTA700 Awardを受領しました。以降はアパマンアンテナの限界に近付いたのか年に数件と低空飛行となってしまいました。新型コロナの影響でさらに超低空になってしまい、2022年1月にリスト削除を回避するために5年ぶりに申請しました。この先がますます先細りするのではないかと思いました。

2022年度のJAのIOTAリストでも簡単に確認できます。上位に位置する頑張られた皆さんも前年比数件の申請件数の局が多いようです。ここで確認できます。
https://jim0836.wixsite.com/iota/result2022
1位のJA1QXYさんから25位のJH8JYVさんまでのJAベスト25では多くが「0」、つまりアップデートなし、一番多いのがJA3UCOさんの6件という悲惨(?)な状況といってよいと思います。と、いうよりもったいないという感覚でしょう。このような状態が続けば5年後にはアップデート申請を失念してしまう可能性があります。

これもご存知と思いますが、この2月にIOTA-VHF申請の条件が100クレジット5大陸から50クレジット3大陸にルール変更されました。
ぜひ是非、ぜひIOTA-VHFへチャレンジされませんか? 新型コロナの影響は大きいようで元のペースに戻るにはまだ時間が必要と思います。Whipを買ってきてタワーの途中にでも括り付ければ6mで3大陸50クレジットを十分に目指せると思います。

コストはIOTA-VHFの初回申請料のみです。あとはHF分のアップデート申請に加算できます。

50から99までのリストは発表されません。アワードもありませんと発表されていますが、JAが束になってIOTA-VHFを申請すればそのうちIOTA-VHFリストの50クレジットからなどと変更されていくでしょう。(されない場合は謝ります)

このリストを来年以降大きくご一緒に変えませんか。ご協力ください。
Iota-vhf-2022

« IOTA-VHF OC-001 VK4AHWとのSked開始 | トップページ | IOTA申請局へのIOTA-VHFをお勧めすることを説明します »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF OC-001 VK4AHWとのSked開始 | トップページ | IOTA申請局へのIOTA-VHFをお勧めすることを説明します »