World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« IOTA申請済みの局からIOTA-VHFへのチャレンジをお勧めします | トップページ | IOTA Contest 2022 »

2022年4月 7日 (木)

IOTA申請局へのIOTA-VHFをお勧めすることを説明します

IOTA Check Point JAのウエブからJAオーナーロールの102名のデータをコピーして2022年から2021年のクレジット数を引いたリストを下記に掲載してみました。https://jim0836.wixsite.com/iota/result2022

Iota-vhf-promotion1

上のリストは説明のためのイメージです。詳細を知りたい方は ダウンロード - iota20vhf20promotion.xlsx

からエクセルファイルをダウンロードしてください。

JAの1位のJA1QXYさんから102位のJA6WJLさんまで2022年クレジット数と2021年クレジット数を並べその差異をとっています。
黄色マーカーは「0」及び「マイナス」です。つまり2022年1月31日締めのアップロード申請をされていない局です。この局数は49局にもなります。単純に49÷102=48%となります。いろんな局がおられて前回初めて申請され、今回QSLカードを探し出して多量の申請をされた局なども複数おられます。0以外でも1~5クレジット位がたくさんおられることが浮き彫りになります。

3年目を迎えたコロナ禍の影響でIOTA DXpeditionの減少などが大きな影響を与えるなど、10位まで、20位までと上位局を確認しますと1件のクレジットを上げることがたいへんであることがわかります。上位局ほど世界的にも上位で頑張っておられる傾向を感じます。

やはりIOTAのアクティビティをキープするためにも上位におられる局ほどIOTA-VHFを副業的にチャレンジしていただきたいとご提案いたします。副業的に楽しめて、かつIOTAアクティビィティが上がることをお約束いたします。

もちろんホーナーロール以外の方もチャレンジいただきたいです。

 

« IOTA申請済みの局からIOTA-VHFへのチャレンジをお勧めします | トップページ | IOTA Contest 2022 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA申請済みの局からIOTA-VHFへのチャレンジをお勧めします | トップページ | IOTA Contest 2022 »