World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 425 DX News #1621 再報告と新報告 | トップページ | OC-221 YB8XM/P , YB8VRA/P(Nov 2021) のQSLカードについて »

2022年5月29日 (日)

IOTA-VHF 6mの掘り起しを楽しむ

7月29日のアマチュア無線の日で開局して50年になります。開局日のちょうど1年後の1973年に記念日が制定されました。
そして、完全にやめたつもりでしたがCWの魅力が忘れられず平成5年1月にJN6RZMで鹿児島にて再開局しました。2か月後に福岡へ17年ぶりに戻りました。なんとかしてCWがしたくてアパマンアンテナを研究しAPA-4に決めました。以来、28年もAPA-4に100ワットのままです。

CWによる海外とのラグチューを楽しみながらDXCCをカウントしていましたが、1997年5月からIOTAを開始しました。CQ誌で盛んにPRされていましたIOTAにこんなにのめり込むとは思いもしませんでした。IOTA DirectoryにあるP29、YB、VKなどのIOTAを確認するとこんなにできるかなぁと思いました。ちょうど19年かかって目標のIOTA700に到達しました。2016年5月にIOTA700アワードが届きました。

その後は新しくIOTAを始める局の支援活動をメインに楽しみました。Club Log Matchingが提供され、ご紹介提案を行いIOTA申請者を増やすことができました。しかしながら、IOTAを楽しんでいただくまでになかなかご支援できないケースも出てきました。IOTAを楽しむそのポイントはMy IOTAリストの作成と日本語版IOTA Directoryを5回以上精読していただくことだと思います。

IOTA申請者が2021年1月にWを抜いて世界一位へ、翌2022年1月にはWをさらに引き離して2年連続の世界一位となりました。功を奏し、2021年4月に「HFとV/UHFアップデート申請を同時に行う際の申請料減免措置」のルール変更があり、IOTA-VHFも申請者世界一位の機運が出てきました。私も無理やりにAPA-4に6mをのせて翌5月から6mの勉強を開始しました。

さらに2022年2月にIOTA-VHFの申請が100クレジット5大陸から50クレジット3大陸へ下げられる措置が開始されました。中嶋さんの努力もありますが、JAのIOTAチェイサー各局の活発性がベースにあることは間違いないと思われます。

「FT8系もやらずに6mは厳しい」と6m先輩諸氏からアドバイスをいただきます。私の無線はCWをやることと決めていますが、現状の6mはFT8がメインでCWはおこぼれと言っていいほどの運用状態のようです。1年間6mをワッチし続けましたが、AF/AN/EU/NA/SAは全く聞こえず。ASもJAとBV、BYばかり、OCはJAの南側ばかり。YBやP29は聞いた経験はありません。

私の最も好きなメールやFacebook messengerを利用し、近隣の6m運用がされていないIOTAの掘り起しを開始しています。一昨年にはOC-144 YE4IJ Irfanさんにお願いして6mに出てきてもらいました。昨年はN3QQ Yuriさんにお願いし、NA-039 KL7RRCから、さらにBA4TB Daleさんへお願いし、AS-135 BI4SSBから6m運用に成功し多くの6mマンにプレゼントしてもらいました。

今年はすでにOC-130 DU8VJ Mindanao島からの運用に成功したばかりです。これに続いて6月25日からのOC-247 YB8HZ/Pからも6m 4エレ八木を使われます。さらにBA4TBへはIOTAコンテスト前の6m運用のお願いをしました。これからのプランとの回答です。続けてBA4TBが個人で過去にOC-136 BA4TB/4を3回運用されたことを見つけ出し、上記の説明と個別に6月中にAS-136へ行っていただく提案をしています。

そして、OC-146 Sulawesi島に住むYB8RW Dinさんにも上記のIOTA活動報告をするとともに、壊れた6mアンテナを修理するもよし、HFのアンテナで6mをワッチして研究してほしい旨を伝えました。5月14日に突然にQRVを開始されたT88SG 6mSSBを見事に逃がしました。私の無線の師匠になりますJA6EGLさんがパラオへ行きたいといつもFacebookに書き込んでおられましたので、事情を数日前に説明しました。

本日、Facebookに「来年1月にOC-009 Palauへ行こう」とありました。1月に6mでPalau Islandが開くか否かはわかりませんが、OC-009の6m運用が増えることは間違いないようです。他にもJA局による太平洋へのペディションがコロナ禍対策をされた状態で増加するものと見込まれます。ココ掘れわんわんで希望のIOTAをお持ちならばお教えください。アジア、オセアニア地区でつるはしとスコップを持って頑張ります。

【追記】

ついでに私のJA-IOTA-VHF 6mで未交信がまだまだたくさん残っています。情報がございましたらご一報ください。
AS-008 JA1 North Izu Islands
AS-041 JA4 Oki Islands
AS-076 JA5 Shikoku Island
AS-200 JA5 Shikoku's coastal Islands
AS-012 JA6 Kyushu's coastal Islands
AS-040 JA6 Goto Islands
AS-056 JA6 Danjo Islands
AS-037 JA6 Koshikijima Islands
AS-067 JA6 Uji and Kusakaki Islands
AS-032 JA6 Osumi Islands
AS-049 JA6 Tokara Islands
AS-030 JD Kazan Islands
OC-073 JD Minami Torishima 

« 425 DX News #1621 再報告と新報告 | トップページ | OC-221 YB8XM/P , YB8VRA/P(Nov 2021) のQSLカードについて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 425 DX News #1621 再報告と新報告 | トップページ | OC-221 YB8XM/P , YB8VRA/P(Nov 2021) のQSLカードについて »