World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF50~99に新規申請者、合計で5局へ | トップページ | PSKreporter Mapを使ったIOTA-VHF近隣国からの掘り起し »

2022年5月 7日 (土)

OC-130 DU8VJの昨日の状況とIOTA-VHF50~99への参加

昨夕のOC-130 DU8VJのPSK/FT8 Mapは予定時間前から21/14MHzFT8にてサービスしていました。残念ながら50MHzにおいてDU8とJAのパスがなく、今日に再チャレンジとなります。当初の調整で毎日指定の同じ時間に運用しますとの回答をいただいています。その夜に交信希望のJA4のOMさんからもパスがなかったとのご報告をいただきました。今日は最低1局はつながってほしいところです。

お昼過ぎにJA3のOMさんからメールをいただきました。「6mのアンテナを上げました」「第3グループに入れてください」ととても嬉しいメールをいただきました。OC-130 DU8VJもすでにワッチされているようです。

これでIOTA-VHF未申請の概ね50クレジット未満の第3グループは10局となりました。第1の8局、第2の5局と合わせて23局になりました。

2年3か月前に始まった新型コロナの影響で世界中で行われていたIOTA DXpeditionの運用がなかなか回復しません。まだ数年ほど影響しそうです。ご承知の通り、IOTA-VHFのHFとの同時申請、並びにIOTA-VHFの申請が100クレジット5大陸から50クレジット3大陸のルール変更がされました。さらに、6mのコンディションが昨年と比較しても間違いなく上昇中です。この機会にIOTA-VHFへチャレンジください。

第3グループなどとやっていますのは、JA近辺のIOTA-VHFの掘り起しに使用させていただくことです。1~2局が交信したがっているという提案よりは10~20局云々とお願いしたほうが協力度は大きくアップするためです。参加をお願いいたします。

いまからOC-130 DU8VJのワッチにはいります。

 

« IOTA-VHF50~99に新規申請者、合計で5局へ | トップページ | PSKreporter Mapを使ったIOTA-VHF近隣国からの掘り起し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF50~99に新規申請者、合計で5局へ | トップページ | PSKreporter Mapを使ったIOTA-VHF近隣国からの掘り起し »