World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-138 BG5VEC Xeimen Island for 6m | トップページ | AS-138 BG5VEC からの返事 »

2022年6月18日 (土)

OC-009 T88SM Palau Island

福岡ローカルのJA6EGLさんがご自身のFacebookに「来年パラオへ行きます」と書き込まれました。この5月にT88SGさんら3名のJAハムが事前確認のために訪問されPalau radio Clubから運用されました。5月14日夕方にOC-009 T88SGにて50190にてJAのエリア指定でテスト運用されました。JA6は3局交信されました。45~56QSBでコールしましたが足元にも届かない感じでした。

いよいよJAからの太平洋の島々に向けてDXpeditionが再開されそうです。EGLさんには「IOTA-VHF申請のOC-009はT88SMで予約しました」と連絡しましたら、「期待しないで」との回答をいただきました。

IOTAの宝庫でありますオセアニアをほとんどまだやっていません。これからは「6m運用のお願い」をメールで届けることが多くなりそうです。

本日の朝にいただきましたメールにおいて発信者のOMは「IOTA-VHF50に到達され、時機を見て申請する」と書かれていました。過去のQSLカードを確認を終えられたようです。万一のことがありますので、+3くらいで送るのが良いと思います。初回申請を終えれば、あとは毎年1月末までのHF分と一緒にアップデート申請すればよいと思います。HFだけでなく、6mあるいは2mも狙えますので幅が広がると思います。

コロナ禍の対応を十分に行って、たくさんの太平洋からの運用に期待しています。

« AS-138 BG5VEC Xeimen Island for 6m | トップページ | AS-138 BG5VEC からの返事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-138 BG5VEC Xeimen Island for 6m | トップページ | AS-138 BG5VEC からの返事 »