World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-138 BG5VEC, BG5TWU, そして3番目に | トップページ | IOTA-VHF100申請者、JAの9番目が誕生しそうです »

2022年6月23日 (木)

VE3VHBへのAS-036 対馬との交信支援 again

この朝にVE3VHB Mikeさんから6月21日にメールにて連絡しましたAS-036 JA6VAGさんとのSkedがNGとなったという連絡をいただきました。21日に当ブログに掲載しましたところすぐにローカルのJH6BPGさんから「JF6OID 並びに JH6KEE」局のご紹介をいただきました。

2012年3月にK0AP Draganさんより招待をいただきましたIOTA-chasers ForumにおいてJA-IOTAの全島リストを作成し、全Forum登録メンバーを紹介した経緯があります。そのリストにJF6OID局、JH6KEE局もリストアップしていました。emailやリグアンテナなども調べていました。

2局ともに@jarl.comが使えそうだと返信しましたら、1時間ほどで返事が戻りました。「すぐに両局にメールを送りました」、「クラスターで過去にさかのぼりクラスターデータを見つけて特徴を分析しました」などと。移動局情報などあれば追加して知らせてほしいとのことでした。994クレジットに+AS-036と協力してあげたいです。

Mikeさんは88歳とのことですが、私の友人並びに知り合いの最高齢はVE6VKの98歳です。残念ながらハムはリタイヤされました。

壱岐・対馬・小呂島の情報があればご一報ください。

【追記】

6月24日の朝にVE3VHB Mikeさんからメールか届いていました。見事にJF6OID庄司さんが14MHzにてSkedを組んでくれることになったそうです。OIDさんは英語が得意でないとのことで東京在住のお孫さんに転送して訳してもらうやり方で進めるとのことでした。なんとも微笑ましい状況を感じました。MikeさんがAS-036と交信に成功されることを望みます。きっと数か月以内にご報告メールが届くことを期待します。(Tnx JH6BPG)

« AS-138 BG5VEC, BG5TWU, そして3番目に | トップページ | IOTA-VHF100申請者、JAの9番目が誕生しそうです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-138 BG5VEC, BG5TWU, そして3番目に | トップページ | IOTA-VHF100申請者、JAの9番目が誕生しそうです »