World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« NA-070 KL7RRC Kiska Island on 6m | トップページ | OC-244 DU4DXT Catanduanes Island on 6m »

2022年6月12日 (日)

NA-070 KL7RRC Kiska Island N3QQの返事

当ブログの原則として、いただいたメールやメッセージはそのまま転載しない方針で運用しています。

昨晩10時過ぎに返信メールがNA-070 KL7RRC Kiska Islandのリーダー格のN3QQ Yuriさんから届きました。この朝に和訳し、要点をまとめたりしていましたが、意が通じなくなる感覚を覚えました。また、メッセージ中にもJAの皆さんへお伝えくださいとありましたので、原文を転載します。

Hi Shu-san and Toshi-san,

Thank you for your letter and your huge support from Japan Hams for our
expeditions over the years!

We can make an effort on 6m CW (50.098+/-), but chances are relatively low
at the end of July, when our expedition may take place.

Also, any chance for the JA operator to join our team? It is 80 years
Anniversary and we discussed it yesterday in-depth during a Skype team
meeting to offer an invitation to Japanize Ham to join this trip.
It will be so much easier on SSB, with more contacts with JA stations.

Could you please spread the word?

Dates: The team meets in Adak on July 23rd (flight from Anchorage on July
23rd). Same-day or morning July 24th sailing to Kiska Island. Operation
till July 31st. Sailing back to Adak July 31st, arrival August 2nd and stay
overnight in Adak, flight to Anchorage August 3rd.
Several members arrive in Anchorage on July 22nd and stay overnight in
Anchorage.
Costs: vessel charter is approximately $43,000 divided by 6 persons. The
number is estimated because of uncertainty about how much fuel we will use
and what fuel will cost in July.
Other expenses are a flight to Anchorage, one night in Adak, and the share
of food/fuel for generators costs.
We plan for at least 3 stations and 4th as a full backup. The boat will
stay in the harbor and sleeping/showering/cooking can be possibly done on
the boat.

Thank you!
73,
Yuri Sushkin
N3QQ
www.na-234.com 

以上です。

昨年のプランであるNA-039とNA-070でスタートし、中途でNA-070を今年に延期してしまいました。そのため、ドナーの皆さんも前年に寄付された分を今回のNA-070を含むと迷っている方もいて、今年の支援は少ないのではないかと予測します。昨年のNA-070の延期がコスト的なものか否かはわかりません。ロシアのウクライナ侵攻の影響を受けてRRC本部からの支援が減った、なくなったなどなどの裏事情があるのかもしれません。

もちろん、6mでのQSOはコンディション次第ですね。北海道でできても、関東や九州ではまったく聞こえないなどの特徴があります。このメッセージを相手の立場で考えると中止の可能性も少し感じます。コストが高いですね。

積極的に考えるならばドネーション支援をやって、昨年のデータから毎日0000-0100zと1630-1730zで50098に出ていただくお願いをしてもよいと考えます。もちろん6mFT8の運用もあります。8日間の運用ですのでチャンスの可能性はあります。

私は2015年6月にKL7NWR AMCHITKA Islandとしてクレジットをいただきました。KL2HD Jeffさんが運用されたクラブ局です。Alaska Maritime National Wildlife Refugeという州の機関で定期的に現地調査をやっているようです。その乗務員がHFやVHFをやっているか否かということです。

« NA-070 KL7RRC Kiska Island on 6m | トップページ | OC-244 DU4DXT Catanduanes Island on 6m »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-070 KL7RRC Kiska Island on 6m | トップページ | OC-244 DU4DXT Catanduanes Island on 6m »