World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-247 YB8HZ/P and others Sapuka Besar Island準備のご報告 | トップページ | VE3VHBへのAS-036 対馬との交信支援 »

2022年6月20日 (月)

AS-138 BG5VEC & BG5TWU

2022年6月18日(土)の昼過ぎに6mFT8にて多くのJA局と交信したBG5VECはおそらく友人である同じ島のBG5TWUへも連絡していたようです。ウォーキング中の電話にBPGさんから連絡をいただきグループ全員、BG5TWUを含めて交信できたとお礼の電話がありました。戻ってPCを確認しますとたくさんの「できたよメッセージ」が届いていました。その後もBG5VECと時々BG5TWUの赤い風船が出ていました。

きっとたくさんのJAに呼ばれて興奮しているのではないかと察しました。翌19日(日)は思った通り朝からBG5VECの主に赤いバルーンが点いていました。ときどき21.075へ移ったりしていましたが夜まで赤風船が50314、50315で点いていましたが残念ながら日曜日は期待に反し、BY5-JAの6mパスは生まれなかったようです。どなたか交信できていたら教えてください。

6月20日(月)早朝は赤風船などは午前10時現在点いていません。平日は仕事あるいは学業など無線機の前にはいれないようです。

昨日の返信メールにありましたClub Log登録を確認しました。世界初のIOTA-VHF AS-138はどなただったんでしょうか?

Log to search: BG5VEC
90 QSOs logged between 2022-06-16 16:22Z and 2022-06-19 11:44Z 

おまけにBG5TWUを、

Log to search: BG5TWU
554 QSOs logged between 2022-02-23 07:44Z and 2022-06-19 09:54Z 

と、順調に登録を進めてくれていることがわかります。土曜日の夜に確認したときは確かに未登録でした。友人のBG5TWUも一緒に登録してくれました。ありがたいです。CP JAのJA9IFF中嶋さんのウエブにある英文マニュアルのおかげです。

次のメールでIOTA Ltdウエブを紹介したいと思います。AS-138の確認の仕方、ユーザー登録した場合のメリットなど、Club Log Matchingまで進めると電子照合可能局のリストに掲載されることなどをやさしくお伝えします。お二人がある程度、英語に理解されているので助かっています。

未交信の方へ、2局ともにresident局ですから逃げはしません。週末や平日の夕方以降に6mFT8で出てくるでしょう。

BG5VECのリグ、アンテナはわかりましたが、BG5TWUのリグを調べました。QRZ.comにはICOM IC-718 HF tranceiverです。HF専用の100ワット機です。BG5TWUと一部のJA局が6mで交信されていますので他にもリグ、アンテナを持っていると思われます。

【追記】

PSKREPORTERに日本時間10時18分に21MHzのバルーンが出てきました。

 

« OC-247 YB8HZ/P and others Sapuka Besar Island準備のご報告 | トップページ | VE3VHBへのAS-036 対馬との交信支援 »

コメント

記事の内容とは関係ありませんがGoogle翻訳をご活用されていらっしゃるようですが、DeepL翻訳の方がGoogle翻訳より、自然な日本語に翻訳できるようです。是非お試しを!  既にご存じのうえでGoogleをお使いでしたらご容赦下さい。

たいへん貴重なアドバイスをありがとうございます。
さっそく、放り込んでみました。
「ご回答ありがとうございます。
6Mバンドは "マジックバンド "として知られています。昨日、私は5W QRP FDM-DUOを使用して、6mバンドで多くのJAハムとコンタクトを取り、あなたの友人を含むかもしれません。

翌日も6mバンドで作業し、より多くのアマチュア無線家とコンタクトできることを期待しています。
Emm、グリッドスクエアを修正しました。

近々、クラブログサイトに登録して、ログデータを提出する予定です。
BG5TWUは私の友人で、彼もまた夏門島に住んでいます。時々、彼は6mバンドで仕事をしています。あなたのメッセージを伝えます。」

確かに柔らかく滑らかさを感じます。素晴らしいですね。感謝します。PDFファイルやPowerPointファイルをそのシートのまま変換してくれるようですね。いいものをご紹介いただきました。

早速、お試し頂き有難うございます。 翻訳サイトの無料翻訳を色々試しましたが一番なじめています。

ありがとうございます
実家が博多区で昔から板付放送を聞きながら育ちました。58年ほど前にBeatlesに狂いだし、英語が喋れるようになりた~いという経緯からハムの道へ入ってしまいました。無線の原点は英語をしゃべりたいからです。しかし、ちっとも上手になりません。(笑い)
積極的に海外の皆さんと接点を持つことに努力するようになりました。英語だけでなくロシア語やドイツ語、インドネシア語など英語以外の利用も積極的に楽しむように心がけています。
良い贈り物をありがとうございました。

BG5VEC,
日曜日の1904JSTにFT8でできました。
土曜日は呼んでいる局は
見えるのですが、ダメでした。
TWU局もでていたのですが、出来ませんでした。
Reportまで  片柳

おめでとうございます
片柳さんが交信されて、しかも日曜日にさすがですね。ほっとしました。とてもうれしいです。
AS-136もスコップとつるはしで一生懸命に知り合ったBY4エリア局に提案していますがよい回答が戻りませんでした。その理由が今日の朝刊でわかりました。
長興島で空母「福建」を建造していたとありました。Chonming Islandの南側の島Changxing Islandです。おそらくその近くで無線機とアンテナを持ってうろうろできなかったと推察しました。しかし、BA4TBが個人的に行ってくれるのではと期待しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-247 YB8HZ/P and others Sapuka Besar Island準備のご報告 | トップページ | VE3VHBへのAS-036 対馬との交信支援 »