World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-138 BG5VEC & BG5TWU | トップページ | AS-138 BG5VEC & BG5TWU info »

2022年6月21日 (火)

VE3VHBへのAS-036 対馬との交信支援

数年前からVE3VHB MikeさんからAS-036 壱岐・対馬との交信支援を依頼されています。今回もPSKREPORTERでJH6KFYさんを見つけて一昨日に情報を提供しました。すぐに昨晩に長文のメールが戻りました。

このブログはよく訪問されているようで最近はIOTA-VHFの話題が多いですね~の書き出しでした。数年前に依頼をいただき、記憶に残るのはJE6HCL/6佐治さんが福岡市西区のAS-036 小呂島へ行かれた時、昨年のAS-036 JH7IPR/6対馬と壱岐から運用された時を紹介した記憶が残っています。いずれも交信できずでした。

Mikeさんは私がFT8をされていると勘違いされていました。18か月前からFT8を始めたが馴染めないそうです。IOTAクレジット994まで進み、88歳の年齢になられるのでなんとか死ぬ前に1000到達をというのが殺し文句で私も協力してしまいます。(笑い)
結論としてJH6KFY局へは依頼しないそうです。

この朝に私のメールボックスを確認してみるとAS-036 JA6VAGさんとの成功事例を見つけました。2012-2013年にかけてK6VVA Rickさんと、2017年にはG0JHC Neilさんと交信に成功していました。二人ともにIOTA-chasers Forumへの常連でした。Neilさんはチョコレートを送ってきてくれました。そんなお礼はいらないのにとパクパク食べてしまいました。あとでわかりましたがイギリスの有名なチョコレートの経営者でした。

JA6VAGさんは確か福岡市で働いておられるようです。対馬の自宅には8エレトライバンド八木が5mの高さで北向きのままSkedに参加してくださったようです。対馬に帰省時にお願いすることをMikeさんとこの朝にやり取りを開始しました。AS-036をプレゼントしてあげたいです。

« AS-138 BG5VEC & BG5TWU | トップページ | AS-138 BG5VEC & BG5TWU info »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-138 BG5VEC & BG5TWU | トップページ | AS-138 BG5VEC & BG5TWU info »