World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-103 BX9AA 続報 | トップページ | OC-009 T88SM Palau Island »

2022年6月17日 (金)

AS-138 BG5VEC Xeimen Island for 6m

AS-138 Fujian Province groupに属するXeimen IslandからHF/VHFを運用するresident局のBG5VECをPSKREPORTERにて見つけました。なんとAS-102 Kinmen Island(金門島)と大陸の間に存在する島でした。島自体がXeimen Islandでもあり、Xeimen cityという町です。大陸と橋が3本架かっています。

As138
台湾の真向かいがAS-138の範囲でかなり長いです。島の数も多いです。赤丸にAS-102 金門島とAS-138 Xeimen Islandがあります。

As138-1
中央がAS-138 Xeimen Island、風船マークがBG5VECの住所です。湾の入り口にAS-102 金門島が横たわっています。

QRZ.comにはメールアドレスも掲載されています。Biographyにはリグとアンテナが掲載されています。6mの設備はとりあえずOKです。

リグはイタリア製のFDM-DUO 8watts機

https://www.radio-part.com/ca182/467/

アンテナはPAC12 GP    PAC-12 7mhz-50mhz 100wマルチバンドhf短波gpアンテナqrp for hamラジオ

https://ja.aliexpress.com/i/4000447359834.html

8ワットの出力ですが、JAからだと大丈夫でしょう。現在はFT8オンリーだそうです。

まだ真っ新のようです。QSLカードを送ってくれると嬉しいと。IOTAの知識はほぼないと思えますので少しご指導をさせていただく必要がありそうです。土曜日の朝にメールを送ってみます。これらの局が週末に50313で待機していますという感じです。AS-138のresident局として育っていただきたいです。

JA側のクレジット済みリストを7局お預かりしていますが、全員AS-138は未交信でした。コールサインを並べてご紹介したいと思います。リスト外の局でメールに加えてよい方はご一報ください。ただし、メール返信の有無はわかりません。最初が肝心のような気がします。

 

« AS-103 BX9AA 続報 | トップページ | OC-009 T88SM Palau Island »

コメント

山本さん、中嶋です。

本日15m FT8に出ていましたので交信しました。
QRZ.comに提供されているグリッドロケータは間違いで、オンエア中に送出していたOL94が正しい位置なのでしょう。(QRZ.comを訂正してもらう必要がありますね。)
8W + GPで-13dBで来ていました。6m FT8に期待が高まります。

中嶋さん、バックアップ情報をありがとうございます。
私たち日本人は中国大陸沿岸部を細かく見る感覚をなかなか持てないですね。AS-138がものすごく広いことを本日初めて知りました。せっかくの局ですので大事に対応したいですね。おそらくAS-138の広さですともう少し見つけられるとは思います。HFで中嶋さんが交信されたとの情報をお聞きして気持ちが楽になりました。意外と簡単にQRVしてくれるのではないでしょうか。期待してください。(笑い)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-103 BX9AA 続報 | トップページ | OC-009 T88SM Palau Island »