World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-244 DU4DXT Catanduanes Island on 6m | トップページ | NA-070 KL7RRC Kiska Island 2022 thru QRZ.com »

2022年6月13日 (月)

OC-130 DU8VJ Mindanao Island LoTW QSO Matching OK for 6m credit

昨晩、JF4VZTさんよりメールが届き、表題のOC-130 DU8VJ Mindanao Islandの6mQSOが見事にLoTW QSO Matchingにてクレジットを得られたとのご報告をいただきました。おめでとうございます。

HFのIOTAチェイシングではOC-130 Mindanao Islandは比較的簡単に交信できるのですが、IOTA-VHFになると3年、5年、いやそれ以上となかなか簡単に交信できるとは思いませんでした。IOTAウエブのOC-130にてDU8VJがClub Log MatchingとLoTW QSO Matchingにてマッチが取れるとわかりましたのでメールにて5月初めにお願いしました。

もともと3月にIOTA-VHF50-99を申請されましたJA1のOMさんが90クレジットであったために2023年1月までに10クレジットを確保していただく支援をしていました。OC-130が未クレジットでしたので、プラス1のお手伝いでした。

DU8VJのリグや6mアンテナの有無がポイントでしたが、HF/VHFのリグだったようでアンテナも6mが利用できるものだったようで「50MHzをローディングしてみる」というのが最初の回答でした。 

DU8VJの方から毎日17時から50313をワッチして5局のJAを探しますとの回答でした。私もPSKreporterマップを確認し続けましたが、1日のみ欠席で1週間ほど17時から出続けてくれました。1週間ほどで未クレジットの5名が全員FT8にて交信完了の報告をいただきました。最初は2局でしたが途中で3局参加されました。

数日中にお礼のメールを送りますが、私は2009年にJI1FGX/DU9と6mで交信していましたため、SSBでDU8VJと交信する予定を実行していません。6mのOC-130交信希望があればお知らせください。

« OC-244 DU4DXT Catanduanes Island on 6m | トップページ | NA-070 KL7RRC Kiska Island 2022 thru QRZ.com »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-244 DU4DXT Catanduanes Island on 6m | トップページ | NA-070 KL7RRC Kiska Island 2022 thru QRZ.com »