World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-206 JO1CRA/7 O-Island(気仙沼大島) Plan | トップページ | AS-138 BG5の三つ揃い on 6m »

2022年7月25日 (月)

AS-141 BA5CJ 状元嶴島 の6m運用

BY-IOTAのAS-136、AS-137、AS-138のリスト整理を終え、続いてAS-141に入ってみました。IOTAウエブのAS-141に所属する島々は21件あります。1島ごとにコピーしてQRZ.comのName/ADR検索とBiography検索と2回試みます。結構しんどい作業です。

9番目に「GAO」という島をName/ADR検索に放り込むと、BA5CJがヒットしました。Gao Islandに住んでいるのではなく、名前がGaoさんでした。にゃっと笑って通り過ぎようとしましたが、記憶がパッと開けました。確かこの局は/5でIOTA運用をちょくちょくしていたことを思い出しました。QRZ.comのDetailを確認するとBA5CJ/5にてAS-141 Dongtou Shan IslandからQRVしていることがわかりました。

Mapを開いてみてびっくりしました。

As141-0

自宅は海に囲まれた島に住んでいるのになぜBA5CJ/5 Dongtou Shan Islandから出ているのだろうという疑問が湧いてきました。中国大陸に7住んでいて時々島へペディションに出かけていると思っていました。どうも違うようです。続いて、IOTAウエブのマップも確認しました。

As141

中国のマップで苦労するのが「漢字の島名の読み方」です。同じ漢字でもわからない字が混ざります。BA5CJが住んでする島が赤丸を付けた「状元嶴島」です。皆さん読めますか? そしてBA5CJ/5で運用されている島がその南側に横たわっている洞頭島(Dongtou Shan Island)です。

この状元嶴島の周りを計測し他の島との間隔を図りましたが、すべて200m超でした。IOTA validation teamへ手続きをしたいと思います。しかし、どんなに調べてもこの島の英語読みがわかりませんでしたので、AS-138 BG5VEC Chenさんの出番を作りました。昨晩にメールで教えてもらうように手配しました。

この島がIOTA AS-141に入ればBA5CJ GaoさんはResident局としておそらく過去の自宅からの交信分も認められると思われます。BG5VEC ChenさんグループもBA5CJも200mルールを含めIOTAルールの素晴らしさを認識していただけると思います。

BA5CJのQRZ.comのBiographyにはClub Logリストが表記され、JN4MIV局とJE2UFF局が7月23日に6mDATAでの交信記録が掲載されていました。そのリストの上には旧コール紹介として「MY EX CALLSIGN: BD5BAJ(2008-2011)/BG5BAJ(2001-2008)」とあります。BA5BAJの方はClub Logに登録されていました。

なお、私が保有しています8名からのお預かりリストでは3名がクレジット済みで全員がAS-141 BA5CJ/5にて交信済みでした。ひょっとしてBA5CJの6mで交信されているかもしれませんね。JA6WJLさんは6mでヒットしました。IOTA Validation teamがOKを出したらAS-141の6mばかりではなくHF分も暴落することでしょう。

IOTAプログラムがしっかりしていますのでこのような発見は本当に面白いと思います。お役立ち情報としてうれしいです。

【追記1】

島名の英語読みをBG5VEC Chenさんが連絡してくれました。「Hello SHUJI YAMAMOTO.状元岙岛 is Zhuang yuan ao Island」と。これからBA5CJ宛に上記の報告をして、実際にこのZhuang yuan ao Islandに住んでいるかの確認をして、IOTA validation teamへ手続きをしていただくようお願いしてみます。

【追記2】

残念ながらBA5CJの運用は本土からでした。QRZ.comの住所で検索すると、
As141_20220726093901

風船マークのあたりです。

QRZ.comの住所は本土です。MapはIOTA AS-141に掲載されていない島だったためにBA5CJ/5運用時は南側のDongtou Shanを使っているようです。(Tnx JA6WJL)

« AS-206 JO1CRA/7 O-Island(気仙沼大島) Plan | トップページ | AS-138 BG5の三つ揃い on 6m »

コメント

山本さん、おはようございます。
JA6WJL/前田です。
近隣IOTAのresident掘り起こし、お疲れ様です。

表題のBA5CJ/Gaoさんの自宅QTHについてですが、当局BlogにAS-141 BA5CJ/5のQSL画像を掲載しています。(下記URL参照)
そこには、自宅QTH(QRZ.comのQSL infoも同様)は中国浙江省温州市新城云々とあります。
この住所地は中国本土(GL:PL08IA辺り)と思われ、QRZ.comのDetail欄掲載のGL:PL07NVは移動時のものと思われます。
Gaoさんは頻繁にAS-141の状元嶴島や洞頭島に移動されて運用されているようですから、移動時を狙うのが良さそうです。
当局も本文に記載戴いているとおり、HomeからのBA5CJとのQSOがありますがQSLは得ていません。

従って、GaoさんのHomeからのQSO分は残念ながらIOTA非該当ではないかと推測します。

http://blog.livedoor.jp/ja6wjl/archives/1978241.html

前田さん、おはようございます
コメントをありがとうございます。おっしゃる通りでした。残念ながらQRZ.comの住所をマップに入れたら中国本土ですね。QRZ.comのマップはいつも運用する位置なのでしょうか。IOTAリストに島名がないのでその南側のDongtou Shanを使っているようです。AS-141のresident局ではありませんでした。

前田さん
さきほどBA5CJ Gaoさんに訂正のメールを送るとともに「Zhuang yuan ao Islandに正しく訂正したほうが良いと思います。手続きはIOTA validation teamへの連絡ですが、不明ならばお手伝いします」と連絡しました。
こんな間違いがあって知り合い、そしてAS-141の運用を増やすという淡い希望をもっています。Hi
なお、CcでBG5VECへも送りました。良き協力者としてです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-206 JO1CRA/7 O-Island(気仙沼大島) Plan | トップページ | AS-138 BG5の三つ揃い on 6m »