World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« AS-147 JH7IPR/8 Rishiri & Rebun Islands plan | トップページ | IOTA-VHF100 にJA-9番目の申請者を確保しました »

2022年7月 1日 (金)

OC-247 YB8HZ/P QSL card and matchingはどうなるか

表題のペディションは一日早く切り上げて結果的には6月26日(日)から28日(水)の3日間の運用に終わりました。前の記事にも書きましたが大陸別にはNA/SA/AF/ANとの交信レポートは上がっていません。AS/OC/EUはレポートが上がっています。

一方、YB-IOTA Needed list 2022上では21名の未交信(含むVE 1局)でしたが、7月1日午前8時時点では14名の交信確認ができました。残り7名はまだわかりません。未交信の確率が高いと思われます。なお、リスト上JI3DST舟木さんが交信に成功され、「YB-IOTA 59件を完成」されました。おめでとうございます。

さて、QSLカードやマッチングシステムがどうなるか考えてみましょう。先日の案内ではQSLはすべてvia YB8HZ SASE or OQRS 3USDと案内しています。このあたりは私はかかわっていません。

参加者は
1. YB8HZ ( CW , SSB , Digi )
2. YB8DKL ( SSB , Digi )
3. YB8DEV ( SSB , DIGI )
4. YC8ES ( SSB , DIGI)
5. YC8AQY ( SSB , DIGI)
6. YC8BNZ ( SSB , DIGI )
7. YD8BUL ( SSB , DIGI )
8. YC8DEL CREW
9. YC8GZO CREW
10 . YD8EQY CREW の10名です。

クラスターとClub Logを確認しましたところ、Crewの3局はレポートもなく、Club Logも未利用でした。7局で考えてよいでしょう。横断幕には10名あがっていますが、QSLカードを作成する場合は7名分、残り3名はCrewと印刷するのではないかと思います。

上位7局中、/Pなしのresident局としてClub Log登録利用はYB8HZ/YC8ES/YC8AQY/YD8BULの4局のみでした。ここからが混乱しそうですが、おそらく、OQRSは10年ほど前にYB8XM JoppyさんのOQRSを支援しましたがPayPal登録にクレジットカードが必要で何度も拒否されました。クレジットカードの手数料を負担に感じている点とYB8/YB9エリアではクレカを使う場所がないと言っていました。

ようやくYB8XMに登録してもらいましたが5年ほど経過したらOQRSは利用できなくなっていました。現在のPayPalはクレジットカードが不要かもしれませんが私は理解できていません。もともとのリーダー役でしたYB8BRI RamさんがほとんどこのグループのQSL発行を担っていました。SKとなられましたが、おそらく同じようなやり方をするでしょう。場合によってはコールごとにOQRSとSASEが混じるかもしれません。

さて、前にも説明しました通り船代不足のために昨年11月のプランが3月へ、ところが4月に入っても動きがなかったため、ドネーションをお願いしました。直接に送っていただきましたので、ドナーや金額はわかっていません。直接に私に3局送ってくださいました。VK5MAV分は転送しました。

ドナーへのお礼として、まとめてvia JN6RZMで提供することで話はついています。郵便事情の不安などへの対応です。YB8HZ HajarさんへはVE3LYCスタイルでやりましょうと提案して了解を得ています。現在ではもっとも信頼のおけるやり方だからです。つまり、運用が終わった後でもOQRSにより7USDを加算してドネーションもできるということです。

私の方の負担は封筒の住所書きを20枚くらい書く程度です。切手代、封筒代を差し引いて残額はPayPalでYB8HZへ送ることを了承いただいています。少しかもしれませんがある程度の船代の補助にはなります。

マッチングに関してはVE3LYCスタイルでドナー最優先、年末年始にすべてのClub Log/LoTW QSO Matching登録をお願いしてみます。意思決定はYB8HZ次第です。ペディション側はQSLにかかるコストや発行の手間を削減、交信側もマッチングで即座にクレジットをコストなしで実現できます。QSLカードが欲しい方のみ例えば2か月以内に請求し、その件数に応じてQSLカードを印刷するなどを定型化したいですね。

私はドネーションを10USD送って、OQRS時に10USD送って、その時に「カード不要」とメモを近年はしております。きちんと対応され、QSLカードは送ってきませんので、やはり資金不足だと判断しています。

ドナーでvia JN6RZMにてQSLカードを私から送る方はご一報ください。データがありませんので、QSOデータをメッセージに貼りつけて送っていただければ幸いです。コピーできないファイルはこちらで打ち直ししなければいけませんのでご配慮ください。(7月31 7日期限でお願いします)

【追記】

7月1日午前中にYB8HZ Hajarさんと連絡がつきました。なんと。

「Thank you Shuji san for our activity .. QSL card Will reply 1 week after today」

一週間後にはQSLカードを発行するようです。ドナーでJN6RZM経由希望の局は7月7日(木)で締め切らせてください。メールにてご一報ください。仕事が早いのでびっくりです。7年前だったらこんなことはありませんでした。まずはこれを第一優先で対応します。マッチングは少しずらします。

« AS-147 JH7IPR/8 Rishiri & Rebun Islands plan | トップページ | IOTA-VHF100 にJA-9番目の申請者を確保しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-147 JH7IPR/8 Rishiri & Rebun Islands plan | トップページ | IOTA-VHF100 にJA-9番目の申請者を確保しました »