World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 第3、第4のAS-138 Xiamen Island resident局 | トップページ | AS-138 から AS-137 のresident station しらべ »

2022年7月 3日 (日)

OC-146 YB8HZ Sulawesi Island worked

2022年7月3日17時19分にJF4VZT澤山さんからの報告です。JA3の局に続いてYB8HZ Sulawesi Island resident stationとして6mで見事に交信できたそうです。やりましたね。FT8か、CWの記載はありません。

すぐにYB8HZ HajarさんへJF4VZT Yuu-sanとの6mでの交信おめでとうとメッセージを送りました。

またまたすぐにHajarさんからメッセージがもどりました。「But propagation up and down」と。
慣れない6m、不慣れなFT8運用のようです。おそらく数か月は運用すると思いますので呼ぶ側も気を使ってあげてください。

« 第3、第4のAS-138 Xiamen Island resident局 | トップページ | AS-138 から AS-137 のresident station しらべ »

コメント

50FT8です。私の後数局QSOされたようですが、CQが見えたあと、見えなくなりました。時計が1.3秒遅れてたので、その影響かもしれません。

澤山さん、おめでとうございます
 さすがです。
 即時のレポートをありがとうございます。OC-247ペディションに協力をいただいたJA局が1局でも交信できればまずは大成功です。Hajarさんも6mの勉強を開始されました。これから6mにいやになるくらい出てくると思います。IOTA-VHFのOC-146をすべての交信希望者へ安定的に供給してくださると思います。大きな出来事、IOTA-VHFの大きな前進ととらえています。ありがとうございました。

私も、偶然出くわしまして、出来ました。73をデコードするまで一刻のハラハラ・ドキドキでした。 hi

時田さん、おはようございます。
さすがですね。素晴らしいコメントをありがとうございます。IOTA-VHFにOMがチャレンジされなければ、HFのみの感覚のままだったらこのはらはらどきどきはしなかったでしょうね。その感動がよくわかります。IOTA1000前後に到達されると、そのままでしたら年に数件になってしまい、さらにコロナ禍の影響で減少気味です。
OC-247の6mでのドネーションをありがとうございました。絶対にただではかえさないという精神に感服です。(笑い)
しかし、OC-146 YB8HZの6mは逃げませんのでこれから数年続きます。
これから、OC-143 YB5QZ Antonさんと6mの見合いを仲介します。OC-146 YB8HZが6mで爆発すればYB-IOTAの6m運用がかなりふえると思います。JAがIOTA-VHFにおいて断トツの世界一位に向かうような気がします。
おそくなりましたIOTA OC-146 YB8HZ on 6m、おめでとうございます。Hajarさんに申し上げてこの分のQSLカードをvia JN6RZMにて送る様に手続きさせていただきます。(Tnx JA7BWT)

山本さん、こんにちは。
JA6WJL/前田です。

昨日は当局もHajarさんの6m運用に遭遇しました。
九州には厳しいコンディションでしたが、初日の最後の最後に何とか末席に滑り込むことが出来ました。
これを期にYBの各島に暮らすresidentが6mに出てくれることを望みます!

前田さん、
さすが素晴らしいです。Hajarさんにお願いしてOC-146 YB8HZ on 6m分のQSLカードも送ってもらうようにします。了解をいただいたらQSOデータの依頼をします。しかし、マッチングにされるかもしれませんね。これから毎日でてきてくれます。OC-146の6mは大サービスでしょう。
YB5QZ Antonさんへも連絡済です。おそらくこの2局がYBにおける6mDXCCを含む利用拡大をしてくれると思います。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3、第4のAS-138 Xiamen Island resident局 | トップページ | AS-138 から AS-137 のresident station しらべ »