World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-051 DX0NE Spratly Islands Web | トップページ | AS-138 BG5VEC ChenさんへのQSLカードについて »

2022年7月22日 (金)

Tokyo ハムフェア 2022のIOTAブース

IOTA Check Point のウエブサイトに東京ハムフェア2022でのIOTAブース案内がされました。

https://jim0836.wixsite.com/iota

2022

昔のようにQSLカードを持ち込んでいただきIOTA申請をするパターンはなくなったようです。2022年のスローガンにも書かれていますとおり、「IOTA-VHF申請者数を世界一位に!」とあります。50MHz/144MHzで交信して得られたQSLカードが申請に有効か否かなどじっくりと相談いただけるのではないでしょうか。私にも数局から同じ相談をいただいた経験がありますがCPではないのでホールドアップしています。

IOTA申請をされている皆様、これからIOTA申請を予定されている方はぜひ一声を中嶋さんへお掛けください。お忘れなく。

 

 

« AS-051 DX0NE Spratly Islands Web | トップページ | AS-138 BG5VEC ChenさんへのQSLカードについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-051 DX0NE Spratly Islands Web | トップページ | AS-138 BG5VEC ChenさんへのQSLカードについて »