World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-150 BY4JN からの返事 | トップページ | Tokyo ハムフェア 2022のIOTAブース »

2022年7月21日 (木)

AS-051 DX0NE Spratly Islands Web

この朝にDX-World.netによりFacebookに次の投稿がされました。

Dx0ne

ウエブが開始されたというアナウンスです。https://www.mdxc.support/dx0ne/

EU/NAを中心にサービスするようでQSLmgrを担当するIZ8CCW側から見たウエブの作り方がされているようです。日程も8/1-12-31と明確に決定していません。6mはリーダー役の4F2KWTに問い合わせて「やる」の返事をいただきましたが、DX-World.netと同様に当ウエブでも6mの案内は入っていません。

まだ仕掛かり状態のようです。QSL managementのところだけはかなり明確に書いてあります。IOTA DXpeditionというイメージは薄い感じがします。随時、新しい情報が追加されると思います。

IZ8CCWが運営するMDXCのウエブを久しぶりに覗いてみました。まだやっていました。10年ぶりくらいです。メンバーリストを確認しましたら999番まで登録されていました。途中空欄も200行くらいありました。800局前後くらいのメンバーでした。JAは3局おられました。

https://www.mdxc.org/

QSLカード発行をメンバー優先、あるいは限定されたりしていろいろありました。何度かMDXCへの入会も勧められた記憶が朧げに覚えています。15年くらい前でしたね。よくもまあ続いていることに驚きました。気になるLoTW はドナーには積極的に掲載してくれるようです。

個別に4F2KWTに相談してマッチング登録をずらして登録していただいてもよいかもしれません。15年ほど前はIZ8CCWからなかなかもらえないのでYB3MMから直接QSLカードをもらうなどしたことを思い出しました。

« AS-150 BY4JN からの返事 | トップページ | Tokyo ハムフェア 2022のIOTAブース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-150 BY4JN からの返事 | トップページ | Tokyo ハムフェア 2022のIOTAブース »