World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« OC-146 YB8HZ Sulawesi Island on 6m 開始 | トップページ | OC-146 YB8HZ Sulawesi Island worked »

2022年7月 3日 (日)

第3、第4のAS-138 Xiamen Island resident局

2週間前の6月18日にBG5VECがAS-138のresident局であることが判明し、合わせてBG5TWUも同じ島のVEC局の友人であることがわかりました。PSKREPORTER Mapにて赤風船がでてきますのですぐにわかります。かれらは現在はFT8のみの運用とのことで、昨日に第三、第四のAS-138 Xiamen Islandを紹介してくれました。Club Log登録やAS-138申請中とのこと。それを受けて本日現在の状況を報告します。

第三のAS-138 BG5UVQ

 QRZ.comの住所に「Xiamen City」とあり間違いありません。住所の最後に601室とありますので6階に住んでいるアパマンハムのようです。移動のQSLカードを掲載していますので/P運用も好きなようです。
まずはシャックの写真です。

Bg5uvq

Kenwood製品で固めているようです。左上はTS-450S(6mなし)とあります。おそらく中古品をオークションで手に入れたのでしょう。その下にはKenwoodのTKM-707 SSB Radiotelephoneと書いてあります。27.5MHzと大きくうたってあります。その下はDIAMONDのDCサプライ。右上は435MHz機、次はKenwoodのおそらく145MHz機、一番下がG90とあります。中国製のHFトランシーバーのようです。20W機、6万円くらいの代物です。残念ながら6mのリグがまだ見つかりません。

第四のAS-138 BG5TLX

住所は間違いなくAS-138 Xiamenです。しかし、QRZ.comの書き込みも2015年のまま。カウント数も少ないです。Biographyには記載はありませんでした。

両局のClub Log登録の状況はまだなしでした。BG5UVQは登録済。QSOデータ受け入れ待ち。BG5TLX局は手つかずです。

Log to search: BG5UVQ
BG5UVQ has not uploaded any QSOs yet. 

Log to search: BG5TLX
BG5TLX is not available to search.
 

その他にBG5UFFという局もいるようです。確認中です。

他のBY-IOTAにもこのような新規局の誕生ラッシュを望みたいです。

« OC-146 YB8HZ Sulawesi Island on 6m 開始 | トップページ | OC-146 YB8HZ Sulawesi Island worked »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-146 YB8HZ Sulawesi Island on 6m 開始 | トップページ | OC-146 YB8HZ Sulawesi Island worked »