World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« AS-150 BY4JN Lingshan Island on 6m | トップページ | IOTA-VHFの歴史を調べる »

2022年7月19日 (火)

OC-146 YB8HZ Sulawesi Island on 6m

6月末のOC-247 Sapuka Besar Islandにおける6m運用提案に基づき、6mの4エレ八木を持参していただきました。しかし、コンディションが上がらず状態に終わりました。6mでのドナーに申し訳ないと思いましたのでYB8HZ Hajarさんへそのまま自宅のOC-146から7月いっぱい6m運用をトライしていただきました。

開始早々の7月3日に複数のJA局が見事にOC-146 YB8HZ Sulawesi Islandと交信に成功されました。以後も毎日のように6mワッチを続けてもらえました。FacebookのMessengerにおいてGreenランプが灯るからわかります。朝と夕方に努めてチェックし続けてもらえました。

昨晩にローカルのJH6BPGさんからお電話があり、この件を相談すると「今年は厳しいコンディション。YBは8月下旬から9月にTEPという現象によりVKなどと同様にYB方面のコンディションが上昇します」とのアドバイスをいただきました。

この朝にこのアドバイスをそのままメッセージでYB8HZへ送り、7月はワッチを緩めて8月下旬から可能ならば6mをワッチしていただけないか連絡しました。

10時30分すぎにHajarさんから返信が届きました。「6mに一生懸命に取り組んでいる。1度だけJAと交信ができた。(多分7月3日のことでしょう) 8月下旬から6mのコンディションが上昇することを願っています。Shuさんに感謝」との内容でした。

ときどき6mのワッチはされると思いますが、QSLカード入手にこだわらず、6mドナーに対する交信を契機にClub Log Matchingへ進めていただくようお話していきたいです。

なお、OC-247 & OC-146(6mのみ)のドナーでvia JN6RZMにてQSLカード入手される局のリストは7月31日に締めて8月1日にYB8HZへ送ります。

« AS-150 BY4JN Lingshan Island on 6m | トップページ | IOTA-VHFの歴史を調べる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-150 BY4JN Lingshan Island on 6m | トップページ | IOTA-VHFの歴史を調べる »