World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« DX0NE Spratly Islands 2022 | トップページ | AS-136 Chongming Island on 6m plan »

2022年7月13日 (水)

AS-103 BP0A Penghu Island 6m運用のお願い

ADXOのRSGB IOTA Contest 2022とDX-World.netに表題のプランが発表されました。

AS-103 Penghu Islandはご承知の方も多いと思いますが、Resident局 BX9AAが運用しています。6月初めに数回のレポートが6mFT8にて上がりました。すぐにメッセージを送りましたが返事はいただけずでした。

BP0Aは「QSL SERVICE, AMATEUR RADIO TAIPEI」の名称になっています。台湾のQSLを取り扱うビューローの仕事をしているようです。私も1997年、2005年、2013年にこのコールと交信していました。

今回のメンバー全員へ7月29日から31日のプランの間でContese前に6mを運用できないか提案をさせていただきました。ADXOの日程では29日からとありますので、IOTA Contestが始まる前までは十分な時間があります。コールサインはBP0A仕様ではなく、各局のコールサイン/9で運用していただき、QSLカードも不要で、Club Logに登録すれば簡単にMatchingでクレジットを与えることができるのでぜひお願いしたいとしました。

ご参考にこの文章を付け加えました。

 Reference;
IOTA Contest 2021 Weekend
Published: 12 July 2021
With preparations now advanced for participation in the RSGB’S IOTA Contest o
n 24/25 July 2021 island activators may wish to consider taking the opportunit
y to spend a few hours on 6 metres during the weekend to enable those keen on
VHF IOTA to increase their scores. The VHF category of application truly prese
nts one of the most demanding challenges within the IOTA programme, and this i
s particularly so at a time of reduced island activity because of travel restr
ictions caused by Covid-19. For this 6 metre activity event there are no spec
ial rules. We suggest that operation takes place on any modes outside the hour
s of the RSGB Contest or whenever team members not actually operating in the c
ontest have spare time. Choose your mode and time of operation during the week
end and get active. Such contacts will not count for the RSGB IOTA Contest (or
any contest) nor, it is hoped, interfere in any way with the running of it. I
n particular contacts should not be included in the formal entries for the con
test. Depending on interest shown, IOTA Management will consider organising fu
ture activity periods on 6 metres for island contacts. A reminder, the IOTA Co
ntest is managed and adjudicated by the RSGB Contest Committee, not IOTA Ltd.

G3KMA, 12 July 2021

IOTAウエブの2021年7月12日の記事です。IOTA Ltdもコンテスト前の6mサービスを記事にしている程度ですが、一考に値するメッセージといつも思っています。

今年はG3KMAからは2022年2月以降のIOTAウエブのお知らせがありません。6mの特例措置やIOTA-VHF50-99の発表などしてくださればもっと6m運用が世界的に多くなると思うのですが。

BP0Aチーム全員へ同報メールにて送りました。ただし、1名のみemail adrが不明でした。自信をもって送りましたがどうなるでしょう。

« DX0NE Spratly Islands 2022 | トップページ | AS-136 Chongming Island on 6m plan »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DX0NE Spratly Islands 2022 | トップページ | AS-136 Chongming Island on 6m plan »