World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 九州DXer's MeetingとJA6UFFとIOTA | トップページ | IOTA-VHFを楽しむためのデータ分析 »

2022年8月 8日 (月)

BG5VEC Caiさんからのアドバイス

8月5日(金)にいただいたBG5VECのメールの最後に「BG5VEC 蔡一鹏 Cai YiPeng 蔡 Cai(Mandarin),Chua(Southern Fujianese/Taiwanese) LOL」とありましたので名前が間違っていたようだと判断し、昨晩7日むーにメールで二つの質問を送りました。

一つはBG5VECのハンドルです。Caiさんが正解だそうです。私はずっとChenさんでやっていましたが、以後はBG5VEC Caiさんでお付き合いを深めたいと思います。

二つ目の質問はChinese stationのメールの返信の悪さです。その中にAS-138 Xaimen IslandのようにCaiさんが中心になってIOTA AS-138の登録を増やされたことを経験に他のAS-136/AS-137/AS-094などのresident局リストも送ってみました。移動のAS-150 BY4JNも含めました。

昔からBY-IOTAの状況はほとんど深い内容を理解していませんでした。HFではほとんど毎年IOTAコンテストで充足できると考えていたからです。

Caiさんのアドバイスは、「かれらはあまりメールを利用していないのではないか。さらにメールを開けたとしてもIOTAが理解できていないのではないでしょうか」という意見でした。さらにIOTA DXの組織化の経験があるBY4JNのような人(実際はクラブ局)にお願いしてBYのIOTAグループを組織してはどうか。そしてより多くのBY局に(IOTAの)手を差し伸べてはどうか」とのアドバイスをいただきました。

まったくその通りでした。BA4TBやBY4JNのBA4MYなどの先達の局に相談して、IOTAに関して手を差し伸べる方法を模索してみたいと思いました。

« 九州DXer's MeetingとJA6UFFとIOTA | トップページ | IOTA-VHFを楽しむためのデータ分析 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州DXer's MeetingとJA6UFFとIOTA | トップページ | IOTA-VHFを楽しむためのデータ分析 »