World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 中国と日本の郵便の日数について | トップページ | YB-IOTAのQSL情報を2点 »

2022年8月19日 (金)

中国と日本の郵便の日数について

6mWhipアンテナではなにも聞こえない時間、日にちが多い8月のお盆過ぎです。9月には太平洋やインドネシア方面のオープンに期待です。
BG5VEC Caiさんの依頼で一昨日の8月17日に日本から届いたJA2FGL、JA1QJI局へ投函日を調べて欲しいとの依頼をいただきました。私も2002年にHFのIOTA-BYは終わってしまい、以後20年間もQSLカードのやり取りをしていませんでした。BY-IOTAの普及を図る目的で、ご参考にここに掲載させていただきます。

JA1QJIさんからの回答で投函日は2022/7/12とのことでした。8/17到着ですので31日+5日で35泊36日で到着です。1か月余りでした。

JA2FGLさんからの回答での投函日は2022/06/30でした。1日+31日+17日で48泊49日で到着です。1か月半と4日でした。平均すると1か月強から1.5か月強となりました。

一方、唯一BG5VECのQSLカードが到着しているJH1OAIさん(from BY to JA)は12日で到着したとCaiさんより報告がありました。

JA1QJIさんはIOTAはされていません。またQRZ.comには紙のQSLカードは集められていないように書いてあります。したがって、お礼の意味でQSLカードを送られたようです。

JA2FGLさんはIOTA-HF並びに昨年からIOTA-VHFも楽しまれています。AS-138はClub Log Matchingなどの電子申請で済まされたそうです。さらに6月に実施されましたAS-041 JO4GGN/4の6m運用はLoTWでヒットしたのでマッチング登録のお願いをしたところ、Buroのみと断られたそうです。私は交信はできなかったのですが、事前にメール交換をしましたのでLoTW QSO Matching登録のお願いをしてみます。

これからは6mの国内IOTAからの運用には事前にMatching登録の依頼をしておくべきと思いました。

 

« 中国と日本の郵便の日数について | トップページ | YB-IOTAのQSL情報を2点 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国と日本の郵便の日数について | トップページ | YB-IOTAのQSL情報を2点 »