World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« AS-023 JE1HXZ/6 Kakeroma Island Amami Islands | トップページ | IOTA-VHF地域アワード受賞者(新設) »

2022年10月 7日 (金)

OC-262 YB1RET/4 & YC1RDH/4 Pahawang Island サポートの顛末

2022年10月4日(火)にDX-World.netにOC-262プランが発表されました。すぐにIOTA OC-262の島リストを確認すると、Puhawangと2番目の母音がPaではなくPuになっていました。2004年発行の製本版IOTA DirectoryにOC-262誕生に伴う初掲載時よりPuhawangになっていました。これは、その当時にRSGB IOTA Committeeが入手しているYBマップでそのように登録されたままのようです。

YBは島の数ですら、5年ごとの調査で200~300島くらい大幅に変わる精度です。当時のマップからPahawangに訂正され、IOTAリストには未報告のままだったのでしよう。各種マップを調べましたが、すべてPahawang Islandになっていました。Puhawang記載のマップを探しても意味がないと判断しました。今回の運用でPahawangへ訂正されると思います。

Oc262_20221007072701

10月5日(水)にすでに始まっていることに気づき、IOTA-YB Needed List 2022の7局へメールを送ることにしました。表はIOTA-YB Needed List 2022の一部です。

OC-262未交信の皆様へ

10月4日にFacebookにDX-World.netからの情報が入りました。
YB1RET/4 & YC1RDH/4 ? Pahawang Island, OC-262
https://www.dx-world.net/yb1ret-4-yc1rdh-4-pahawang.../

YB1RET/4 & YC1RDH/4 are both active from Pahawang Island, OC-262 (Sumatra’s C
oastal Islands South) until October 6th. Check 15 & 20m SSB. YB1RET/4 via EA7F
TR, LoTW.

10月4-6日の4日間の運用です。
YC1RDH/4 22/10/04 1639Z 14140.0 CQ IOTA OC-262 YB1RET

YC1RDH/4 22/10/04 1411Z 21260.0 IOTA OC-262 simplex DK8MM

YC1RDH/4 22/10/04 1350Z 21260.0 CQ IOTA OC-262 YB1RET

YB1RET/4 22/10/04 1437Z 21265.0 now here DK8MM

YB1RET/4 22/10/04 1429Z 21260.0 OC-262 simplex DK8MM

頑張ってください。

Shu JN6RZM

の内容です。スーパーDXerやIOTA-chaserへお送りすることは失礼かなとも思いましたが、すでに4日から始まっており、連絡が遅れたことが残念です。すぐにJA5CEXさんよりメールが戻り2022年1月に実施されましたOC-262 YB1TIA/4と交信され、Club Log Matchingにてクレジットを得られたとのご報告をいただきました。私への交信済みの未報告のお詫びとこの分も交信したいとのメッセージでした。さすがの対応です。

IOTA-YB Needed Listは毎年1月3日に上記のエクセルリストを参加者31名へ発信し、交信済みの黄色マーカーの確認をいただき、交信後に全員へフィードバックするとともにYBのIOTAペディショナー20局へも毎年送っています。「ペディション企画時にはご利用ください」とお願いしています。もちろん、31局以降の参加者の追加も当ブログで案内していますが、10年前のIOTA-YB Wanted List時代に比べるとほぼ低調です。

5日夕方にはJA6WJLさんから「何とか15mSSBでYB1RET/4とQSO出来ました!」とうれしい一報が入りました。JF7RJMさんとCEXさんにはクラスターにも上げてくださいました。そして、6日にはJA1NQUさんからもHamAlertに登録していたら午前3時に鳴って交信できたとの嬉しいご報告です。7局中、4局が交信されたようでした。

なかなか飛ばないAPA-4で27年も楽しんでいる方法の一つです。Listの未交信を黄色マーカーで塗りつぶすことと、YB friendsと末永く交流を持つ機会をつくれることです。12月を待たなくて結構ですのでIOTA-YB Needed List 2023へ参加希望の方はご一報ください。

別件ですが、JF4VZTさんから昨日6日にメールをいただき、YB8HZよりOC-146 YB8HZ on 6mのQSLカードが届いたそうです。同時に送られたOC-247のQSLカードもそろそろ届くかもしれません。でも第1陣の私に届いたQSLsは1か月近くかかりましたが、かなり早いですね。

 

« AS-023 JE1HXZ/6 Kakeroma Island Amami Islands | トップページ | IOTA-VHF地域アワード受賞者(新設) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-023 JE1HXZ/6 Kakeroma Island Amami Islands | トップページ | IOTA-VHF地域アワード受賞者(新設) »