World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« AS-138 BG5UVQ Xiamen Island(アモイ島)とのHF Sked result | トップページ | 6m Challenger リストの紹介 »

2022年10月23日 (日)

AS-138 BG5VEC Xiamen IslandのCaiさんとの交流

昨日にBG5VEC Caiさんは急用で1週間延期になりましたが、ご友人のBG5UVQ Wuさんと無事に21MHzCWにてJI1BJBさんも私も交信することができました。半年ぶりにHFへ出てきました。Caiさんとは来週にトライです。運よくJE6HIDさんも未交信とのことでFT8で参加したいとのメッセージをいただきました。そのあたりを昨夕にCaiさんとWuさんへレポートしましたら、この朝に心温まるメッセージが戻りました。

今日は仕事が忙しくて、あなたの手紙に間に合わなくてごめんなさい。
NHKの報道について調べてみたら、中日外交関係樹立50周年を記念して、
「Friendship Cities Share the Future」というイベント - 中日友好都市の青少年のためのオンライン「仮想訪問」が進行中です。中国側の報告は次のとおりです。https://mp.weixin.qq.com/s/crwlRaeafwTHjk88Yli0DA .興味のある方はご覧いただけます。

と、NHKニュースで長崎県佐世保市の高校生とAS-138である中国Xiamen(アモイ)の高校生が日中国交50周年イベントとしてSNSでの交流をやっている報道を見て、私もHFでAS-138アモイと交信したくなり、ブログでAS-138未交信局を募集しましたと伝えたためわざわざ調べていただけました。ありがたいことです。

さらに、

また、BG5UVQ は、あなたとあなたの友人との QSO がうまくいったと言っています。おめでとうございます!」とのメッセージで、BG5VECからの指定が28100kHzでしたのでJAの28MHzバンドプランではSSBは28200以上と伝えたところ、

BG5UVQさんに28MHZのアマチュアバンドの詳細を聞いてみたら、28MHZのphoneとcw/rttyの範囲を間違えていたのですが、SSB(PHONE)は28300~29300KHZで動作するかもしれません。だから、それは滑るかもしれません。 28300KHZで?」と指定周波数の変更が届きました。

私のパソコンではFT8ソフトを遠隔操作できます。最近は28MHZの伝搬がとても良く、あなたの友人は私のCQ信号を簡単に手に入れることができます.」と来週の交信を楽しみにしているようです。とても素敵な方ですね。

私自身がIOTA-VHFでAS-138との交信を希望していたため、シーズンオフになり連絡を来シーズンまで待つつもりでいました。HFのAS-138未交信の方のことは考えていませんでした。どうぞ、万一未交信の方がおられましたらご一報ください。また、これはAS-138のみならず他のBY-IOTAへも広げるつもりです。ご協力をお願いいたします。

【追記】

上記のウエブアドレスから訪問してみました。中国語を和訳した一部分です。

「④福建省廈門市~長崎県佐世保市

9月2日、アモイ外国語学校と佐世保市立広田中学校の教師と生徒約100人がクラウドに集まり、アモイ外務省と佐世保文化国際教室が主導するオンラインの「仮想相互訪問」イベントを開催した。

活動中、双方の学生の代表者が挨拶を交わし、両校が共同で撮影した短いVlogビデオ「友情という名の未来への手紙」を楽しみました.文化と芸術. その後、双方の学生が10のグループに分かれ、「伝統的な祭り」をめぐる温かく友好的な交流と討論を行い、祭りの風習や習慣を伝えることで文化的な魅力を示し、若者同士の理解と友情を深めました。

両校は2018年に姉妹校になって以来、さまざまなオンラインおよびオフラインの形で交流を続けており、両校の友情を絶えず深め、中日友好の前向きなエネルギーを積極的に伝えています。」 

以下、省略します。

ネットの中国語訳もしっかりと訳されています。佐世保の高校生ではなく中学生でした。2013年春にH44IOTAのコールにてIOTA DXpeditionを実施されたオーストラリア人のRalfさんの依頼でH44の小学校に筆記具などの学用品を送る運動を行い、こちらの小学校とH44の小学校でSkypeでつないで交流をはかる企画を立ち上げようとしたことを思い出しました。ちょっとルーズな方でしたので頓挫したことを思い出しました。

« AS-138 BG5UVQ Xiamen Island(アモイ島)とのHF Sked result | トップページ | 6m Challenger リストの紹介 »

コメント

山本さん、中嶋です。

10月24日06:30UTCにBG5VECと6mFT8で交信出来ました。
彼の信号強度は+15dBで、2回コールして交信に至りました。
今年始め頃の出始めより無線機をアップグレードして信号も強くなりました。
50クレジットに一歩近づきました。

中嶋さん、こんにちは
コメントをありがとうございます。昨日は28MHzSSBにJG8IBYさんが、本日は50MHzFT8がレポートされていますね。着実にIOTA-VHF50に近づいておられますね。AS-136やAS-137からの50MHz運用につなげたいです。

山本様
お世話様です。
先ほど10月24日15時38分JSTに、50MHZのFT8で、BG5VEC局と交信ができました。
今週末には28MHZでの交信に期待したいと思います。
JI1BJB 小林

小林様
やりましたね。IOTA-VHFのAS-138 New oneですね。ぜひこの機会にIOTA-VHF(6m)のIOTAも参画されることをお勧めします。IOTA-VHFの方もIOTA-VHF100以上の10局、IOTA-VHF50-99の7局、IOTA-VHF50未満の11局の28局のリストにご参加ください。近隣のIOTA-VHF局の情報提供を行っています。コスト的にも1回のみのIOTA-VHF申請であとはHFとVHFの同時申請が同じコストで可能となります。さらに末永く楽しめますよ。
IOTA申請者数の世界一位、IOTAオナーロール数の世界一位、IOTA-VHF申請者数の世界一位とJAのIOTA三冠にご協力ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-138 BG5UVQ Xiamen Island(アモイ島)とのHF Sked result | トップページ | 6m Challenger リストの紹介 »